ラクやせ!食前「きゅうりダイエット」のコツ きゅうり→ゆで野菜→みそ汁が最強!

拡大
縮小
きゅうりを食べるベストタイミングは?(写真:freeangle/PIXTA)
東京・南麻布にあるミシュラン2つ星の和食の名店「分とく山」総料理長である野﨑洋光氏が考案したダイエット法「きゅうり食べるだけダイエット」が、ちまたで注目を集めている。
今は一年中、スーパーで手に入るきゅうり。前回記事で「なぜ、きゅうりでやせるのか」について紹介したが、今回は「きゅうりを食べるベストタイミング」について考察する。

食事の最初に、きゅうりを食べる

ダイエットに余念がない女性陣には常識となっている「野菜ファースト」というダイエット法をご存じでしょうか。

ずばり、野菜を先に食べるだけ!というこの方法。食事の量を減らすことなく、食べる順番を変えるだけでいいのです。手軽に始められるよい方法だと思います。

しかしながら野菜なら何でもいいかというとそうではなく、糖質を多く含むじゃがいもなどのいも類はNG。グリーンサラダはいいのですが、ポテトサラダはダイエットには不向きです。

「野菜ファースト」をお勧めする理由は、野菜に多く含まれる食物繊維が糖質、脂質、コレステロールの消化吸収を遅らせ、血糖値の急激な上昇を抑えるため、太りにくくなるからです。食物繊維の多い野菜が特にいいのです。

「きゅうりダイエット」はその究極版で、ダイエットに最適な食材であるきゅうりを、食事の最初に1~2本食べるというものです。私はあまりにはまってしまって、1日10本食べたこともあります。おかげで腹が足り、ほかの料理を食べる欲求がなくなり、ラクにやせることができました。最初に、きゅうりをたくさん食べること!が大切です。

次ページなぜ、きゅうりがダイエットに最適なのか?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT