超シンプル!「夜のドカ食い」を防ぐコツ

夜食べ過ぎてしまうには理由があった

ついつい食べてしまいます(写真:kazoka30 / iStock)

ダイエットをしている人のほとんどは、その厳しい現実を知っている。減量のための食事制限は、1日のうちで時間がたてばたつほど難しくなるということだ。

食欲に負けて食べてしまうのは…

夜に食欲に負けてたくさん食べてしまうと、自分の意思の弱さを責めるかもしれない。しかし、このたび発表された研究によると、問題は空腹感を引き起こしたり満腹感を伝えたりする複雑なホルモンにある可能性がある。

研究は肥満の男女32人を対象とした小規模なもので、被験者の半数には過食の習慣があった。研究の結果、満腹ホルモンは夜に減る一方で、空腹ホルモンは夕方に向けて増加し、ストレスの多い状況ではさらに増える可能性があることが明らかになった。

太り過ぎで過食の人は特に、これらの食欲調節ホルモンの変化の影響を受けやすいとみられる。

「夜のほうが食べる機会が多いが、今回の研究はそれにホルモン反応が関係していることを示している」と、論文の筆頭執筆者でジョンズ・ホプキンス大学医学部の精神・行動科学准教授のスーザン・カーネルは言う。

カーネルによれば、そうしたホルモンのパターンが過食を引き起こす原因となるのか、それとも個人の食習慣によって条件付けられるのかどうかは不明だ。だが、いずれにしても私たちは「そのサイクルにはまってしまう」という。

次ページ意思が弱いせいではない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT