つい太る人は「脳の暴走」の止め方を知らない

意外と知らない食欲の「4つのそらし方」

「どうやって食べるか」も重要です(写真:わたなべ りょう / PIXTA)
つい食べ過ぎてしまい、体が重い、だるい、仕事に集中できない――。そんな生活を繰り返している人は少なくないのではないでしょうか。
『美しい人は正しい食べ方を知っている』の著者でもあり、フードプロデューサーの小倉朋子氏に、コンディションをよくする「食べ方」について教えてもらいます。

 

仕事が忙しく飲み会や残業続きで、「早食い・ドカ食いが当たり前」「仕事中はなんとなく甘いモノをつまんでしまう」「飲み会の後のラーメンがやめられない」なんて人はいませんか? こんな食べ方では胃腸に負担をかけますし、食べものの消化吸収にばかりエネルギーを奪われてしまいます。夜遅く食べれば、睡眠中も胃腸が働かなければならず、睡眠の質を下げます。またそんな生活が続けば、おなかぽっこりのメタボ体型になり、生活習慣病のリスクも上がってしまいます。

仕事でつねに高いパフォーマンスを維持している人は、忙しいときほど食事を大事にします。「とりあえず」「惰性で」「思いのまま」という乱暴な食べ方はしません。体の調子を整え、ベストなパフォーマンスを発揮するには、「何を食べるか」だけでなく、「どうやって食べるか」も重要なのです。

夜中のラーメンの誘惑は「手当て」で断ち切る!

とくに体にとってストレスになるのが、「脳にまかせた食べ方」。食後のデザートや飲み会の後のラーメンなどは、その最たるものです。満腹なのについ食べてしまって、後で後悔する。しかもその後も何度も繰り返してしまう……。

ダメだとわかっているのに、なぜまた食べてしまうのかというと、それはあなたの意志の弱さだけが原因ではありません。実は、脳のせいなのです。

次ページ脳の欲求に負けないために
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT