仕掛けられた『ジャパン・ラッシュ』の真実(下) 日経平均は1万9000円以上に吊り上げられる?

✎ 1〜 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 17
拡大
縮小

デフレになり、ヴォラティリティが徐々に無くなり始めた米欧を尻目に、他に行き場所がなくなった「外国人」たちが一縷の望みをかけているのがわが国におけるこうした自作自演のバブル、すなわち「日本バブル」なのである。本来であればイランの「核問題」に関する7か国協議の「合意」を不服と考えたイスラエルがサウジアラビアを誘ってイランに対して攻撃を加え、これによって「中東大戦争」が12月始まるというシナリオも、米欧の中では、思い描かれていたはずだ。

結果的にこれは先送りされ、少なくとも14年春までは「猶予」が見られるようになっている。ということはそれまでの間、「外国人」たちは出遅れたニッポンのインフレから少しでも利益を得ようと、わが国に殺到するのは目に見えているのだ。――そうこれが今、正に始まった「ジャパン・ラッシュ」の真相なのである。

バブルに酔いしれていると、たたき潰される

しかし表向きはマネーの乱舞する「日本バブル」に酔いしれているかのように見えるガイジンたちの向こう側には、10年越しでわが国、そして私たち日本人を見つめてきた“セファラディ”たちがいることを忘れてはならない。

なぜならば、仮にこの千載一遇のチャンスが持つ「意味」について、私たち日本人が覚醒しなければ、彼らは「PLAN B」へと速やかに移り、2020年、いやそれを待つことなくわが国を叩き潰してしまうに違いないからだ。

これこそが、私が今回、ありったけの声を振り絞るように上梓することにした小著『ジャパン・ラッシュ』でお伝えしたいことなのである。そしてその意味でわが国の現状は「もはや外交どころではない」のであって、真っ先に解くべき課題はいつまでも気づかず、感じず、だからこそ動かない私たち自身の「頭の中」に転がっているのだ。

「問題は私たち日本人が覚醒するか否か。それ以上でもそれ以下でもない。そして答えを出すのは私たち自身だ」

2014年という「日本バブル」の年を迎える直前だからこそ、今、そのことを、声を大にしてここに書いておきたいと思う。――その意味で「最後の審判」はもうすぐそこ、なのだ。

 


 

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT