仕掛けられた『ジャパン・ラッシュ』の真実(下)

日経平均は1万9000円以上に吊り上げられる?

デフレになり、ヴォラティリティが徐々に無くなり始めた米欧を尻目に、他に行き場所がなくなった「外国人」たちが一縷の望みをかけているのがわが国におけるこうした自作自演のバブル、すなわち「日本バブル」なのである。本来であればイランの「核問題」に関する7か国協議の「合意」を不服と考えたイスラエルがサウジアラビアを誘ってイランに対して攻撃を加え、これによって「中東大戦争」が12月始まるというシナリオも、米欧の中では、思い描かれていたはずだ。

結果的にこれは先送りされ、少なくとも14年春までは「猶予」が見られるようになっている。ということはそれまでの間、「外国人」たちは出遅れたニッポンのインフレから少しでも利益を得ようと、わが国に殺到するのは目に見えているのだ。――そうこれが今、正に始まった「ジャパン・ラッシュ」の真相なのである。

バブルに酔いしれていると、たたき潰される

しかし表向きはマネーの乱舞する「日本バブル」に酔いしれているかのように見えるガイジンたちの向こう側には、10年越しでわが国、そして私たち日本人を見つめてきた“セファラディ”たちがいることを忘れてはならない。

なぜならば、仮にこの千載一遇のチャンスが持つ「意味」について、私たち日本人が覚醒しなければ、彼らは「PLAN B」へと速やかに移り、2020年、いやそれを待つことなくわが国を叩き潰してしまうに違いないからだ。

これこそが、私が今回、ありったけの声を振り絞るように上梓することにした小著『ジャパン・ラッシュ』でお伝えしたいことなのである。そしてその意味でわが国の現状は「もはや外交どころではない」のであって、真っ先に解くべき課題はいつまでも気づかず、感じず、だからこそ動かない私たち自身の「頭の中」に転がっているのだ。

「問題は私たち日本人が覚醒するか否か。それ以上でもそれ以下でもない。そして答えを出すのは私たち自身だ」

2014年という「日本バブル」の年を迎える直前だからこそ、今、そのことを、声を大にしてここに書いておきたいと思う。――その意味で「最後の審判」はもうすぐそこ、なのだ。

 


 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT