日本の財政、残された時間的余裕は少ない

「経常黒字だから大丈夫」は危険

この連載の一覧はこちら

日本では大幅な財政赤字が続いており、政府債務残高のGDP(国内総生産)比は財政破たんに追い込まれたギリシャをも上回る水準にある。それにもかかわらず日本の長期国債金利が極めて低水準である理由として、日本は貯蓄が豊富で財政赤字の穴埋めするための資金を海外からの調達に頼っていないからだという指摘が、なされることが多い。

来年度からの消費税率引き上げに反対する意見の背景には、日本の経常収支は黒字なのだから財政赤字の資金調達で近い将来に問題が起きるとは考えられないという楽観的な見方がある。

次ページ拡大する政府赤字
関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。