日本の財政、残された時間的余裕は少ない

「経常黒字だから大丈夫」は危険

この連載の一覧はこちら

日本では大幅な財政赤字が続いており、政府債務残高のGDP(国内総生産)比は財政破たんに追い込まれたギリシャをも上回る水準にある。それにもかかわらず日本の長期国債金利が極めて低水準である理由として、日本は貯蓄が豊富で財政赤字の穴埋めするための資金を海外からの調達に頼っていないからだという指摘が、なされることが多い。

来年度からの消費税率引き上げに反対する意見の背景には、日本の経常収支は黒字なのだから財政赤字の資金調達で近い将来に問題が起きるとは考えられないという楽観的な見方がある。

次ページ拡大する政府赤字
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。