中央銀行は期待をコントロールできるのか

いつどこで人々の心理が変わるのかは、わからない

原油高・円安による原材料価格高騰でも値上げをしないことを消費者にアピール(撮影:今井康一)
この連載の一覧はこちら

日本銀行の量的・質的金融緩和政策は「期待に働きかける」政策であると言われる。今年4月にこの政策が導入された際、日銀が発表した「『量的・質的緩和』の導入について」では、「市場や経済主体の期待を抜本的に転換させる効果が期待できる」と述べられている。日銀がインフレターゲットを設定し、目標を達成するために、あらゆる手段を使って積極的に金融緩和を進めていけば、物価が上昇するという期待が高まっていくと説明されている。

期待という用語は、expectationの訳だが、日本語の「期待」には願望というニュアンスがあって、どうもしっくりこない。数学でも確率論で「期待値」という言い方をするので、経済学だけの使い方ではないのだが、言葉が混乱を招いていることは否定できない。日本銀行の黒田東彦総裁のいう「期待」とは、単なる願望ではなくて、「予想」である。「期待を転換させる」とは人々の「予想が変わるはずだ」という主張である。2年間程度で2%の物価上昇率を達成できるかどうかは、人々の物価に対する予想を変えることができるか、が重要なポイントのひとつだ。

次ページ1990年代末に変化
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT