ネット仮想通貨「ビットコイン」は安全か

コストは誰かが負担しなければならない

すでにおカネは金の裏づけを失っている(撮影:尾形文繁)
この連載の一覧はこちら

ビットコインが注目を集めている。さまざまなところで取り上げられているので、ご存じの方も多いと思う。ビットコインは、サトシ・ナカモトと名乗る人物(正体不明)によって投稿された論文に基づいて、2009年に運用が開始されたインターネット上の通貨である。すべての取引履歴が分散された一種の台帳のようなものに記録されており、ビットコイン数は徐々に増加するが、最大で2100万と決められている

この原稿を執筆中に確認した時点では、市場に出回っているビットコインの数は合計で1217万6600だった。昨年初には1ビットコインの価格は米ドル換算で14ドル程度だったが、年末時点では1ビットコイン=800ドル程度で取引されていた(次ページ図参照)。ビットコインの残高を普通のおカネに換算すると、約100億ドル、1兆円程度になる。

次ページおカネとは何か
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT