イエレンFRB次期議長の大きなリスクとは?

上院公聴会の証言でわかった、危うい現状認識

公聴会で宣誓するイエレン次期FRB議長。米国の金融政策では難しい舵取りを迫られそうだ(ロイター/アフロ)

次期連邦準備理事会(FRB)議長に指名されたジャネット・イエレンFRB副議長が、米上院銀行委員会の公聴会で証言を行った。世界の株式市場は、これを材料にしようと待ち構えていたが、ほぼ予想どおりの無難な証言であったために、リスクに備え一時的に退避していた資金が少し戻り、株価は上昇、ダウは史上最高値を更新した。

しかし、この証言には、イエレンFRB次期議長の持つ最大のリスクが明確に示されていた。それはなんだろうか。今回のコラムでは、イエレンのリスクを考えてみたい。

「ハト派過ぎるイエレン」の意味

多くの人々、とりわけ共和党が懸念するのは、イエレンがハト派すぎることである。つまり、彼女の打ち出す金融政策が緩和的であり、それが過剰に緩和的であることだ。

具体的には、現在、行われている量的緩和が、長期にわたって継続されるリスクである。現在行われているFRBによる量的緩和とは、米国長期国債とMBS(住宅ローン担保証券)を毎月一定額購入し、それを無期限に継続する、というものだ。今年の5月以降、この量的緩和の縮小の見通しが、金融資産市場を大きく揺さぶる唯一のイベントだった。5月23日のバーナンキ現FRB議長の量的緩和縮小の示唆が、世界中の株価の暴落をもたらし、日経平均は、リーマンショック後の1日の下げ幅を大幅に上回る1100円以上の下落となった。

次ページイエレンのリスクとは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT