イエレンFRB次期議長の大きなリスクとは?

上院公聴会の証言でわかった、危うい現状認識

イエレンの最大の誤りは、金融政策の効果を過大評価していることだ。金融政策は、金融危機への対応と短期的な景気刺激策しかできない。そして、前者の役割は「バーナンキ(現FRB議長)時代」に終わった。今や新しい現実の新しい正常な米国経済になっているのだ。現在の正常な米国経済を否定するイエレンにとっては、今の正常が異常なのだろう。

7%の失業率が異常なのだろうが、それを解決するには、短期的な景気刺激策を過剰に行うしかない。それでも、構造的な失業者、現在の経済構造に合わない労働者を雇うほど労働市場は逼迫していない。条件次第で働くという労働者が枯渇して初めて、彼ら、彼女らが雇われるステージがやってくる。それは異常な過熱であり、そのときがバブルである。

イエレンは、ないものねだりをしている

つまり、正常状態の経済において、失業率を大幅に下げることを金融政策で行うには、バブルが起きるほどの異常な金融政策を続けなければいけないのだ。

だから、イエレンはないものねだりをしているのであり、その根源には、金融政策に対する過信があるのだ。その意味で、人々に嫌われていたサマーズ元財務長官は正しいのであり、失業の解決のためには、財政政策が必要であり、さらにいえば、需要政策ではなく供給サイドの構造改革、生産性の向上のための労働者の再教育、人的投資が必要なのだ。

それは金融政策にはできない。それをイエレンはできるとは思っていないはずだが、米国経済に対する現状認識が誤っているために、ないものねだりをする結果になっており、これが最大のリスクなのだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT