イエレンFRB次期議長の大きなリスクとは?

上院公聴会の証言でわかった、危うい現状認識

イエレンの最大の誤りは、金融政策の効果を過大評価していることだ。金融政策は、金融危機への対応と短期的な景気刺激策しかできない。そして、前者の役割は「バーナンキ(現FRB議長)時代」に終わった。今や新しい現実の新しい正常な米国経済になっているのだ。現在の正常な米国経済を否定するイエレンにとっては、今の正常が異常なのだろう。

7%の失業率が異常なのだろうが、それを解決するには、短期的な景気刺激策を過剰に行うしかない。それでも、構造的な失業者、現在の経済構造に合わない労働者を雇うほど労働市場は逼迫していない。条件次第で働くという労働者が枯渇して初めて、彼ら、彼女らが雇われるステージがやってくる。それは異常な過熱であり、そのときがバブルである。

イエレンは、ないものねだりをしている

つまり、正常状態の経済において、失業率を大幅に下げることを金融政策で行うには、バブルが起きるほどの異常な金融政策を続けなければいけないのだ。

だから、イエレンはないものねだりをしているのであり、その根源には、金融政策に対する過信があるのだ。その意味で、人々に嫌われていたサマーズ元財務長官は正しいのであり、失業の解決のためには、財政政策が必要であり、さらにいえば、需要政策ではなく供給サイドの構造改革、生産性の向上のための労働者の再教育、人的投資が必要なのだ。

それは金融政策にはできない。それをイエレンはできるとは思っていないはずだが、米国経済に対する現状認識が誤っているために、ないものねだりをする結果になっており、これが最大のリスクなのだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 小幡績の視点
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。