52歳ジャンプ漫画家が「芸人」に挑戦した理由

「ろくでなしBLUES」作者がなぜM-1に出場?

なぜ漫画家の森田まさのり氏(左)が漫才に挑戦したのか? 相方である長田悠幸氏(右)とともに語る(撮影:梅谷秀司)
漫才日本一を決める「M-1グランプリ」。今年は最年少コンビ・霜降り明星の優勝や現役芸人による舌禍事件など、良い面、悪い面あわせて、注目を集めた。一方で準々決勝(4回戦)敗退にもかかわらず、話題を呼んだコンビもいる。それが、デビュー1年目の「漫画家」だ。
漫画家は、『ろくでなしBLUES』『ROOKIES』などの代表作を持つ森田まさのり氏と、大喜利をテーマにした『キッドアイラック!』などを代表作とする長田悠幸(おさだ・ゆうこう)氏によるコンビ。現役漫画家である2人が、なぜ「お笑い」に挑戦したのだろうか?

ガチガチに緊張した初舞台

――お二人が『M-1』に出たきっかけは?

森田まさのり(以下、森田):長田くんと飲んでいたときにノリで「今度『M-1』に出ようか」なんて言ってたんですよ。それでしばらくしたら「先生、ネタができました」って連絡が来て。僕はそれを聞いて驚きが2つありまして「本気にしちゃったの?」っていうのと、「君がネタ書いちゃったの?」っていう。

――ご自分でネタを書きたかったんですか?

森田:僕は長田くんが描いていた『キッドアイラック!』っていう漫画に出てくる大喜利のネタが面白いと思っていて、それに負けたくないっていうのがあったのに、書いちゃダメじゃない、っていう(笑)。数カ月後に会うとき、長田くんが1本書いていたので、僕は悔しいから2本書いてきて。

長田悠幸(以下、長田):そのときに初めて一対一でお会いしたんです。個室居酒屋みたいなところでお互いのネタを持ち寄って、声を出して読み合わせをしました。

森田:それから練習を始めて、2カ月後ぐらいに「週プレ酒場」っていう場所で僕のデビュー30周年イベントがあって、そこで初めて人前で漫才をやったんです。

――初舞台はどうでしたか?

森田:お客さんが僕のファンばっかりなので、何を言ってもウケるんですよ。だから初舞台には一番良かったかもね。

長田:ただ、緊張はしましたね。前日は寝られなかったです。会場にはお菓子とかいろいろ置いてあったんですけど、何も食べられないし。出番直前の緊張もすごかったです。内臓まで震えるような感じで。

森田:お客さんが50人ぐらいの狭いところなんですよ。それでもガチガチに緊張して。

――その後、『M-1』の予選に挑むわけですが、そこではやはり格別の緊張感があったんでしょうか?

森田:そうですね。1回戦、2回戦まではお客さんも少ないので、その中に僕らのファンも結構来てくれていたんですよ。

長田:身内の編集さんとか作家仲間とか。

森田:それでたくさん笑ってもらえたのかな、っていう。でも、ルミネtheよしもとで行われる3回戦とかになると、完全にアウェーな感じで。僕の緊張のピークはそこでしたね。

――「ルミネtheよしもと」ってお笑い界でもちょっと特別な場所ですよね。

森田:ルミネは特別ですね。何回も取材で行っているんですけど、自分がそこでプレーヤーとして入っているとまた全然違う感慨がありました。出番直前も僕はじっとしていられなかったんですけど、長田くんはよくじっとしてたな。

長田:あ、僕はルミネは意外と大丈夫だったんです。むしろ初舞台のときが一番緊張しました。

次ページネタの源は「チヤホヤされたい気持ち」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。