日本育ちのカメルーン人が漫画に込めた思い 見た目外人・心日本人の彼の唯一無二の視点

印刷
A
A

2018年4月に、彼は『まんが アフリカ少年が日本で育った結果』をスタートさせた。テレビの仕事があまり入らなかったため、暇な時間がたくさんあったのだ。

「お金も仕事もありませんでしたが、時間はたくさんありました。そのときひらめいたのです。マンガを描けばいいんだ!」と彼は指を鳴らしながら言う。「漫画を使って自分の個性を表現したり、考えをシェアしたりできるぞと。自分の考えや気持ちを初めて日本人に伝えることができたのは、絵を描くことを通してだったことを思い出しました。一周して元の場所にたどり着いたような感じでした」。

なぜか英語で話しかけてくる日本人

彼がマンガを描く主なモチベーションは、「日本人に、日本人が知らないことについて知ってもらう」ことだと言う。

「誰もが同じではないこと、日本人でさえ同じではないことをわかってほしい」というルネ(筆者撮影)

「僕は日本の人々に、僕について、世界について、ほかの人たちについて知ってもらいたいのです。誰もが同じではないこと、日本人でさえ同じではないことをわかってほしいのです。誰もが非常に面白い形で違っているのです。これを描くことで人々の心をオープンにさせられたらいいなと自分で思えるようなストーリーを展開しています」

「たとえば、実際マンガにした中に、僕が駅で地図を見ていたときの話があります。日本人は僕を見て手助けをしようとやってくるのですが、彼らはいつも英語で話しかけてきます。もちろん僕は日本語を話します。話しかけてくる人たちは英語をうまく話せないのですが、彼らは僕を助けたがるのです」

「僕は彼らに、『ユー・アー・ベリー・カインド!!』と言います。なぜかわからないのですが、僕は英語で対応してしまったのです。彼らが一生懸命英語を練習しようとしているので、僕は外国人のふりをしたのです。そして彼らは僕に英語で行き方を説明し、僕が彼らにサンキューと言うと、彼らは『やった!』みたいな、とてもうれしそうな顔になるのです。そして僕もとてもうれしくなるのです。なぜなら僕も英語を話すことができたからです」

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT