茨城の国立大が「カフェ」を構内に招いた理由

「開かれた大学」の象徴としても効果的

茨城大の図書館とサザコーヒーの店(左側。筆者撮影)

茨城県水戸市にある国立大学法人茨城大学(水戸キャンパス)。この正門を入るとレンガ色の建物が正面に姿を見せる。同大の図書館本館だ。建物の少し左には地元の繁盛店「サザコーヒー」(サザ)の店舗もある。同県ひたちなか市に本店を持つサザは、2014年春の図書館リニューアルと同時に出店した。現在は学生、教職員のほか、一般客も利用できる。

「サザコーヒーは1969年の創業ですが、1973年から水戸市内に店を出し、長年、茨城大の関係者にもご利用いただいてきました。それが2013年に『大学の図書館内に店を出してほしい』と要望を受けて、大学側と内容を詰めて出店したのです」(創業者の鈴木誉志男会長)

大学内のカフェ誘致では、筆者の知る限り、国立大では筑波大学(茨城県つくば市)が早く、2008年に中央図書館脇に「スターバックスコーヒー」が出店している。後述するが、10年後の今年(2018年)10月1日、同大の別の敷地内にもサザが出店した。

なぜ茨城の国立大はカフェを誘致するのか。その裏事情を探った。

授業の合間を過ごせる空間づくり

「それまでの本学の図書館は、『古い・狭い・棚から蔵書がはみ出ている』という問題を抱えていました。その解消とともに新たな視点を目指して、地元の人気店に出店してもらったのです」

こう話すのは茨城大の三村信男学長だ。2014年9月に学長に就任し、同年4月のカフェ開業までは学長補佐として関わった。新たな視点でこだわったのは次の3点だという。

(1) 大学キャンパスの魅力の向上
(2) 図書館を多面的な空間にすること
(3) 外部の人が利用できるよう、大学を地域社会に開く

「大学の授業は1限からずっと続かず、授業と授業の間に空き時間ができます。その間の過ごし方を学生に聞くと『一度下宿に帰る』という声も多かった。でも、せっかく通学したのなら長く学内で過ごしてほしい。その空き時間を活用する役割が図書館です。息抜きや気分転換も必要ですから、館内のコンテンツとしてカフェは欠かせませんでした」(三村氏)

土木工学の権威でもある三村氏は「旧図書館の周りを新本館が囲む建築で、新館には蔵書を置かず、小集会場もあります。畳敷きの部屋もあり、学生は自由に使えます」と説明する。

次ページ学生料金ではないが、使い勝手はよい
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。