AIが予測、100年後の「絶品料理」はどんな味か

「世界一美味しくない」といわれる食材を使用

100年後の絶品料理を人工知能(AI)が考案。その食材リストを基に究極のレシピを追求していく(写真:HILLS LIFE DAILY) 
レシピを考案する人工知能(AI)「Food Galaxy」と、人気フレンチシェフ・松嶋啓介氏が“対決”するディナーイベントが、原宿の「KEISUKE MATSUSHIMA」にて開催された。通算5回目となる同イベント、今回のテーマは「和」。といっても和食ではないという。その狙いを、イベントの仕掛け人である石川善樹氏(予防医学博士)と松嶋啓介氏に聞いた。

ココ・シャネルが「装飾のない矩形の香水瓶」や、「女性がパンツを履くという価値観」を生み出したのは1920年代のこと。彼女のクリエイションは、今でこそ普遍的な価値観/美意識として人類に共有されているが、発表当時は極めて斬新であり、大いなる議論を巻き起こしたとされている。今回、石川善樹氏(予防医学博士)が目指したのは、そんな「未来のスタンダード」を人工知能によって創り出すことであった。

具体的には、「100年後の『ミシュランガイド』に載るような料理」を生み出すこと。その試みのお題目として掲げられたのが、「和」であった。

バック・トゥ・アフリカ!?

石川:松嶋啓介シェフの協力を得て開催している「AI DINNER」も、今回で5回目となりました。今回のテーマは「和」です。といっても、和食の和ではなく、大いなる和と書く「大和」をテーマにしました。何となく、今、世界が荒れているから……ということもありまして。

当記事は「HILLS LIFE DAILY」(運営:コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

あと、今回は5回目にして人工知能のアルゴリズムを大幅に変えたんです。これまでのアルゴリズムは「いかにしてプロのシェフに近づくか」をテーマにしてきましたが、今回は人間を目指すことを止め、「100年後の『ミシュランガイド』に載るようなレストランは、どんな料理を出すだろうか」ということをテーマにしました。松嶋さん、実際に作ってみてどうでしたか?

松嶋:毎回、いきなりテーマと食材リストだけを渡されるわけですが、今回ほど迷惑だったことはないですね(笑)。僕は、何事もレスポンスは早いのですが、今回は珍しく1週間ほど放置しました。

例えば、食材リストの中にインジェラというエチオピアの食材があって、調べてみたら「世界で一番美味しくないもの」という記事もありました。どう味を組み立てればいいか、当惑しましたよ。

次ページ少しずつ味を組み立てた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ヤマダと組んで赤字脱出なるか<br>崖っぷち大塚家具 “最後”の闘い

昨年末に大塚家具を子会社化したヤマダ電機の大型店で、提携の具体策となる家電と家具のセット販売が始まりました。ただ、ヤマダの業績も振るわず、大塚は自社を立て直す“パーツ”にすぎません。大塚家具ブランドの存在意義さえ危うく、今後1年が正念場です。