シリコンバレーは本当に起業に最適な場所か

他社支援不要の商習慣、高額人件費に戸惑い

アメリカで起業を志す人ならば、一度は憧れるシリコンバレーで起きている変化とは(写真:JasonDoiy/iStock)
デジタルコンサルティングファーム、プリンシプルの楠山健一郎社長の体験から導き出された「アメリカにおける起業の極意」。連載第2回は起業のメッカ、シリコンバレーは本当に起業に適した場所なのか、その根本に迫ります。

世界最大の新興市場である米ナスダックの中でも飛び抜けて時価総額の多い企業をFAANGと呼称することが一般的になってきている。Facebook、Amazon、Apple、Netflix、Googleの頭文字をとったものだ。これらの企業に共通しているのは、本社をカリフォルニア州のサンフランシスコとサンノゼ周辺のシリコンバレーに置いていることだ。

この連載の記事一覧はこちら

そのため、起業家が世界中から集まるスタートアップのメッカともなっている。日本から見るとそこに本社や拠点を置き、ビジネスをスタートしたいと思う若き起業家も多いことであろう。ところがそれは違うということを、私は移住して半年ほどで身をもって思い知らされた。

現地でアナリティクスのプロと紹介されたK氏と話をした時である。K氏はロサンゼルス出身で現地の広告代理店勤務の経験もあり、その後はサンフランシスコに移り、IT企業でデータ解析の仕事をしていた。彼は私に会うなり「(あなたが起業すべき場所は)サンフランシスコではないのでは?」と言ったのである。

大企業で進む「シリコンバレー離れ」

実はいま、アメリカの企業で「シリコンバレー離れ」現象が起きている。その行き先はロサンゼルスやシアトル、ポートランド、サンディエゴやオースチン(テキサス州)などが挙げられる。

経済誌『エコノミスト』は今年8月、テクノロジーやイノベーションのハブとしての優位性は衰えた、との理由などにより、シリコンバレーでの起業が少なくなっていることを伝えている。その中でペイパルの創業者でシリコンバレーで最も影響のある起業家・投資家とも言われるピーター・ティール氏がシリコンバレーを離れロサンゼルスに移住したことも記載している。

現地の状況も良く知っていて信用できる彼からその話を聞いたときは、憧れのシリコンバレーにようやく移住し「これからビジネスを展開だ」と思った矢先で少々ショックを受けた。実際に現地のネットワークイベント(Meetup)やセミナー、紹介などで知り合った人たちに営業の機会を何度かもらい、その反応をみるうちに彼の言っていることが身に染みてわかるようになった。

当社のビジネスはデータ解析を中心とするデジタルコンサルティングファーム、つまりはコンサルティング会社であり、広告代理店や制作会社、システム会社などと同様に企業の業務を部分的に支援するビジネスモデルである。

ところがシリコンバレーでは、大企業もスタートアップ企業も「すべてを自分でやろうとする文化」、つまり他の企業からの支援を必要とする文化ではなかったのである。

次ページ若者1人雇用に1500万円
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。