「恋愛スキルゼロ」44歳男性の実直すぎる婚活

映画「モテキ」を見て「俺にもできるんじゃ」

20年以上の思い出を淡々と語る直美さん。もはや完全に過去の話で、1年弱で離婚してしまったことにも今さら後悔はしていないようだ。

「嘘をつくことが多い人でした。結婚して一緒にいることに不安が募って私のほうが冷めちゃったんだと思います。父と離婚してお店をやっていた母のところに身を寄せて子どもと3人で暮らすことにしました。私は派遣やパートの仕事をしながらの子育てでしたが、すべてが初めてのことなので楽しかったですよ」

美人で明るい性格の直美さんがモテないはずはない。20歳のときに、母親が経営する飲食店で料理人をしていた11歳年上の前夫からアプローチを受けた。

「私と母にはいろいろ良くしてくれたので付き合うことにしたんです。でも、結婚して一緒に住み始めたら、息子に対して言葉の暴力をするようになってしまいました。『オレの子じゃない』なんて……。他人と子育てすることの難しさを痛感しました。私に優しくしてくれるよりも子どもを大事にしてくれるほうがよっぽど嬉しいのですが、それはすごく難しいことなんですね」

この夫とも離婚し、もう再婚はせずに子どもを育てようと決意した直美さん。直美さんの両親は離婚しているが、それぞれサポートをしてくれたので、自分は生活費を稼ぐためにアルバイトやパートをいくつも掛け持ちして必死で働いた。

「結婚相手に変に気を遣うよりも、仕事を3、4つ掛け持ちして働くほうがはるかに楽だと思いました」

シングルマザーの偽らざる本音である。ときどき恋愛はしていたが、家庭には持ち込まない生活を20年近く続けていた。

7年もの不倫を終え、「スナック大宮」へ

30歳半ばで知り合った6歳年上の既婚男性とは7年間も不倫関係にあった。結婚を求められることがないので気楽だったと直美さんは振り返る。その男性との関係が終わったのが昨年の秋。息子が就職をして一人暮らしを始めた時期でもあったので、本連載を通じて知ったスナック大宮に参加したという。

「出会いは欲しいけれど、すぐに結婚したいわけでもありません。そんな私が結婚相談所や婚活パーティーに参加するのは申し訳ないので、婚活が目的ではないスナック大宮がちょうどいいと思いました」

次ページ信一郎さんと「モテキ」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT