ポルシェは電動化しても稼ぎ続けられるのか

2025年までに全モデルの5割の電動化目指す

ポルシェは2019年に同社初のEV「タイカン」を発売する(写真:ポルシェ)

今年創業70周年を迎えたドイツのスポーツカーメーカー、ポルシェ。プレミアムカーブランドとして確固たる地位を築いている老舗であっても、時代の変化への対応を怠らない。ポルシェは、2025年までに全モデルの50%を電動化すると宣言。プラグインハイブリッド(PHEV)や電気自動車(EV)の投入を今後加速する。2022年までに、総計60億ユーロ(約7700億円)の投資を行う計画だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ポルシェの2017年の売上高は217億ユーロ(約2兆8200億円)、営業利益40億ユーロ(約5200億円)。設備投資額は16億8400万ユーロ(約2200億円)で売上高に対する比率は7.7%と競合他社と比較しても高い水準にある。2025年の費用対効果(ROI)の目標には21%を掲げる。回収には相当の時間がかかりそうだが、ポルシェはこの投資に価値があると確信している。

電動化で利益率低下は避けられず

同社初のEV「タイカン」の価格帯は「カイエンとパナメーラの中間となる」(前出のマイヤー氏)。参考までに、日本でのカイエンの税抜き価格は903万7037円、パナメーラは1075万9260円であるため、1000万円前後の価格になるとみられる。

電動車の立ち上げの段階では、バッテリーなど新たな部品の価格が高い。加えて、電動化への巨額投資を踏まえると、この価格水準ではポルシェが誇る高い利益率(2017年の売上高営業利益率は17.6%)が下がることは避けられそうにない。では、どのように収益化を進めるのか。

ルッツ・メシュケ財務・IT担当取締役は「車両の電動化によって利益率は落ちることは免れないが、その分をチャージシステムやさまざまなサービスからの収益でカバーしていく」と話す。この考え方は、「オプションで稼ぐ」ことで高収益を得てきたポルシェらしい発想だ。

次ページポルシェは充電網を自前でも展開へ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT