ポルシェ「ディーゼル撤退」が示すVWの思惑

EVシフト見せつつ、実は万一に備えている

話をフォルクスワーゲングループに広げると別の風景が見えてくる(撮影:尾形 文繁)

9月23日、ポルシェがディーゼルエンジン搭載車からの撤退を発表した。今後はハイブリッドとEV(電気自動車)に力を入れるという。

ポルシェが「EV化」へまっしぐら?

これに続いて10月15日にポルシェが発表したニュースリリースには、ポルシェ初となるフル電動スポーツカー「タイカン」の概要とともにポルシェが電気の時代に入ると宣言した。これはリリースのタイトル部分であり原文では、

“Porsche definitively enters the electric era with the new Taycan”

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

と書かれている。素直に読むとポルシェは全力を挙げてEVへの移行を目指しているように受け取れる。しかし本文を読んでいくと少し話が違ってくる。「2025年にはポルシェが販売するモデルの50%以上は『電動化モデル』になると予測した」。ちなみにこちらの原文は、

“We predict that over 50 percent of Porsche models delivered from 2025 will be electrified,”

であり、動力源としての電動モーターを装備しているEVとハイブリッドを合わせて50%と理解すべき文章になる。筆者の勘ぐりすぎと言われればそれまでだが、どうも二枚舌の印象が拭えない。言質としてはあくまでハイブリッドも含む「電動化」までしか言わないように注意深く言葉を選びつつ、全体の印象は「EV化」へまっしぐらと誤読させたいニュアンスを感じるのだ。これはポルシェの属するフォルクスワーゲン(VW)グループ全体の動きと合わせて分析してみたい。

さて、ポルシェのディーゼル撤退のニュースを受けて、あちこちのメディアが「ディーゼル終了へのカウントダウン」という文脈で記事を掲載した。はたして本当にディーゼル終焉への一里塚なのだろうか?

次ページわれわれはまだディーゼルゲート事件を忘れていない
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。