あのフェラーリが神聖な土俵に上がったワケ

創業70年の名門メーカーが日本に見出す商機

東京の両国国技館に展示されたフェラーリ創業70周年のシンボル「LaFerrari Aperta(ラ・フェラーリ・アペルタ」。V型12気筒エンジンと電気モーターのハイブリッド車で963馬力を誇る(撮影:大澤 誠)

「これより、フェラーリ、ドリブンバイ、エモーション、セレブレーションを開催つかまつります」――。

大相撲の行司、34代木村庄之助氏もフェラーリ首脳とともに記念撮影に収まった。自動車のイベントでは普段見ることのない異色の組み合わせだ(撮影:大澤 誠)

東京の両国国技館。カンカンカンという甲高い拍子木の音に続き、相撲行司の34代木村庄之助氏がイベント名の「Driven by Emotion(情熱に突き動かされて)」を、力士を呼び出す口上のように宣言すると、参加者の目は土俵上に一斉に集まった。

除幕されて姿を現したのがイタリアの高級スポーツメーカー、フェラーリが創業70周年を記念して開発した「LaFerrari Aperta(ラ・フェラーリ・アペルタ)」。V型12気筒エンジンと電気モーターとのハイブリッド車で、963馬力を誇るスーパーカーの〝横綱〟だ。

フェラーリは今年、世界各国でオーナ-を招いた創業70周年記念イベントを開いている。日本では10月12日にオーナーや関係者ら400人を集めたイベントを開催。全国からさまざまなモデルのフェラーリ70台が集結し、三重県の伊勢神宮まで走行する記念ラリーも行った。

力士のイメージとフェラーリを重ね合わせる

両国国技館から伊勢神宮へのラリーに出発するフェラーリ。イベントには全国各地から70台のフェラーリが集結した(写真:フェラーリ・ジャパン)

「イベントは大成功だった。あらためて日本のオーナーの皆様の高いロイヤルティを感じた」とフェラーリ・ジャパンのリノ・デパオリ社長は目を細める。相撲が持つ伝統や歴史、力強さとしなやかさが同居した力士のイメージが、フェラーリとも相通ずるものがあるとの考えから、土俵上にフェラーリを鎮座させるという斬新な発想はメディアの度肝を抜いた。

次ページ会場に集結したフェラーリ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。