名門ポルシェ「EVスポーツカー」に込める狙い

日本発売は2020年、最大航続距離500キロ超

ポルシェ ジャパンは2020年に日本で電気自動車「ミッションE」を発売する。価格は現時点で未定だ(写真:ポルシェ ジャパン)

「『ミッションE』はポルシェの新時代の到来を告げるものだ。2020年の遅くないタイミングで日本にも届ける」。スポーツカー大手、ポルシェ ジャパンの七五三木(しめぎ)敏幸社長は力強く宣言した。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

同社は5月28日、ポルシェ初の電気自動車(EV)となるミッションEを2020年に日本で発売すると発表した。4ドア4人乗りのスポーツカーで、静止状態から3.5秒未満で時速100キロメートルに達する加速感がウリで、フル充電での最大航続距離は500キロ以上を実現。価格は未定となっている。スポーツカーの名門が満を持して日本のEV市場に参入する。

日本は欧米より1年後れの発売

ミッションEは2015年の独フランクフルトモーターショーで初めて発表された。同年から過酷な耐久レースで知られるル・マンを3年連続で制した「919ハイブリッド」や、「918スパイダー」などで培った最新テクノロジーの要素技術を搭載したのが今回のミッションEだ。

2019年に欧米で先行発売した後、ポルシェの販売台数で世界トップ10に入る日本でも1年後れながら投入。技術の粋を集めたEVスポーツカーでブランド価値のさらなる向上を目指す構えだ。

七五三木社長は「EVであることを生かした非常に低重心が特徴で、(フラッグシップスポーツカーの)『911』に近い」と説明。スポーツカーの心臓部ともいえる内燃機関がない電動車ではあるが、長年培ったスポーツカーのファンの期待を裏切らないと強調し、「もし環境規制が強まっても持続可能なスポーツカーだ。新しい若いファンにもアピールしたい」(同)と語る。

ポルシェはこれまで名門スポーツカーメーカーとして、内燃機関を中心にしたハイパフォーマンスを武器に他社との差別化を図ってきた。だが、自動運転や電動化など100年に1度の変革期を迎える中、内燃機関の必要性は縮小の一途だ。世界中で新たな電動化への対応を迫られており、急速に電動シフトを進めている。

次ページ電動シフトで顧客離れの可能性は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?