名門ポルシェ「EVスポーツカー」に込める狙い

日本発売は2020年、最大航続距離500キロ超

ポルシェ ジャパンは2020年に日本で電気自動車「ミッションE」を発売する。価格は現時点で未定だ(写真:ポルシェ ジャパン)

「『ミッションE』はポルシェの新時代の到来を告げるものだ。2020年の遅くないタイミングで日本にも届ける」。スポーツカー大手、ポルシェ ジャパンの七五三木(しめぎ)敏幸社長は力強く宣言した。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

同社は5月28日、ポルシェ初の電気自動車(EV)となるミッションEを2020年に日本で発売すると発表した。4ドア4人乗りのスポーツカーで、静止状態から3.5秒未満で時速100キロメートルに達する加速感がウリで、フル充電での最大航続距離は500キロ以上を実現。価格は未定となっている。スポーツカーの名門が満を持して日本のEV市場に参入する。

日本は欧米より1年後れの発売

ミッションEは2015年の独フランクフルトモーターショーで初めて発表された。同年から過酷な耐久レースで知られるル・マンを3年連続で制した「919ハイブリッド」や、「918スパイダー」などで培った最新テクノロジーの要素技術を搭載したのが今回のミッションEだ。

2019年に欧米で先行発売した後、ポルシェの販売台数で世界トップ10に入る日本でも1年後れながら投入。技術の粋を集めたEVスポーツカーでブランド価値のさらなる向上を目指す構えだ。

七五三木社長は「EVであることを生かした非常に低重心が特徴で、(フラッグシップスポーツカーの)『911』に近い」と説明。スポーツカーの心臓部ともいえる内燃機関がない電動車ではあるが、長年培ったスポーツカーのファンの期待を裏切らないと強調し、「もし環境規制が強まっても持続可能なスポーツカーだ。新しい若いファンにもアピールしたい」(同)と語る。

ポルシェはこれまで名門スポーツカーメーカーとして、内燃機関を中心にしたハイパフォーマンスを武器に他社との差別化を図ってきた。だが、自動運転や電動化など100年に1度の変革期を迎える中、内燃機関の必要性は縮小の一途だ。世界中で新たな電動化への対応を迫られており、急速に電動シフトを進めている。

次ページ電動シフトで顧客離れの可能性は?
人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。