酒に溺れる人が自覚するヤバすぎる思考回路

毎年300万人以上が過度な飲酒で死んでいる

アルコール依存症だと自覚しながら、飲酒をやめられない理由とは?(写真:bee/PIXTA)

WHO(世界保健機関)は今年9月、アルコールが原因で世界では年間300万人以上が死亡していると発表した。その数は世界の全死亡者の5%を超え、最も多い死因は交通事故や、ケンカだという。また、病気による死亡者も多くいるそうだ。

依存症の筆者が語る「酒の恐ろしさ」

私はおそらく「アルコール依存症」だ。

1年間で酒を飲まない日は、健康診断の前日と、内蔵に負担がかかりすぎて、何も飲めない・食べられない状況になった数日だけ。健康診断前日は、悪あがきにγ-GTP(アルコールの分解に関係する酵素)の数値を少しでも下げるべく酒を飲まないようにしている。「飲めない・食べられない」日については、飲食物を口にするだけで吐いてしまうため、何も口にできないわけである。

後者の症状については2015年以来、発症していない。その理由はわかっている。それまではビールを毎日、最低でも4リットル、多い日は7~8リットル飲んでいたからだ。さすがに今は医者や友人からも心配されたし、大きな迷惑をかけたので、こんなひどい飲み方をしていない。

酒を飲むことは、まぁ良くはないだろう。いや、愚行とさえも思う。そこはアルコール依存症ながら、認識している。日本には「酒もタバコも女もやらず100まで生きたバカがいた」といった都々逸があるものの、世の中には酒が飲めなくても人生を謳歌している人は多くいる。飲酒を正当化するための言い訳にすぎないだろう。

次ページアルコール依存症の筆者の頭の中
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。