「攻殻機動隊」をイタリアに届けた女子の現在 「ジョジョ」など翻訳した数、実に600超!

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 最新
拡大
縮小
詩文奈さんのご自宅のコレクション(撮影:尾形文繁)

原宿のゲストハウスに3カ月間滞在し、秋葉原や中野といったサブカルの聖地を巡る日々。漫画専門の書店「まんだらけ」を訪れたときは、言葉にならないほどの感動を覚えた。このときの経験や、漫画翻訳家としてのキャリアを考え、詩文奈さんは2007年に日本への移住を決める。

イタリアでは、漫画翻訳家という仕事への評価が高くない。技術があってもギャラは一定で、地位も上がらない。翻訳家としてさらに上を目指すために、ステージを変える必要があったのだ。

翻訳とは言葉でなく、“文化”を変換すること

こうして、日本で暮らすようになった詩文奈さん。その生活は昼夜逆転しており、午後4時ころから始まる。起きてまずパソコンを立ち上げ、国際ニュースやアニメ・漫画ニュース、メール、SNSをチェック。そして朝まで翻訳活動を行うという。

1冊の漫画を翻訳する期間は、大体3日から1週間。ほぼ家にこもりきりで仕事をするため運動不足になると、詩文奈さん。「翻訳は地味な仕事。家に閉じこもってダラダラ仕事をするから、ゾンビ状態になっちゃう。早く人間になりたーい!」と、『妖怪人間ベム』のせりふを引用してこぼす。一方、翻訳の楽しさとして、さまざまな作品にかかわれることを挙げる。

「この前はホラー漫画、今は忍者漫画、次は青春漫画と、作品のバリエーションがたくさんあるからまったく飽きないわ。何といっても、無料で漫画を読めてお金ももらえちゃう。これってすごくない?」

『電影少女』を翻訳したときは、感動で涙があふれ、文字が見えなくなってしまったほどだったという。忘れられない思い出は、パーティで『ジョジョの奇妙な冒険』の作者・荒木飛呂彦先生に会えたこと。「神様が隣にいる!って大興奮したわ。永井豪先生やちばてつや先生、池田理代子先生にもお会いできたし、16歳のときの私が知ったら幸せすぎて死んじゃったかもしれない!」

そんな詩文奈さんにとって、翻訳とは言葉でなく、“文化”を変換することだという。たとえば、「ただいま」「お帰り」という会話には、家に帰ってきた安心感や、歓迎する温かい気持ちが込められている。それを理解したうえで、イタリア語に翻訳しないといけない。

次ページ私たちは漫画の“忍者”
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT