婚活で「投資詐欺」に遭った71歳男性の末路

手料理を楽しむ「異業種交流会」が一転…

イタリアンを楽しむ異業種交流会は、いつしかお金持ちの年配者を対象に、投資話を持ちかける会となっていった。

また、彼女が、シンガポールや香港など諸外国に自分の銀行口座を開きに行くようになったので、羽振りが良くなっているのが目に見えてわかった。

あるとき響子は、四国に植物を燃やして電力を起こすバイオマス発電所を作るという投資話を岩下に持ち掛けた。

「それまで私は、彼女の投資話には乗っていなかったんですが、その発電所の工事をするのが日本の有名な電機会社で、そこの会社の判子が押してあったんです。そこで私も、これなら大丈夫だろうと話に乗りました」

「結婚詐欺」「投資詐欺」2足のわらじ

響子は街カフェを始めた頃から、同時に結婚相談所も一緒に始めていた。

「彼女はそこに自分自身を登録をして、80歳、90歳の資産家に申し込みをかけていたようです。また独身の金持ちを登録させて、見合いもさせていた。相談所を通じて人間関係を築いた後に、街カフェに呼んで、投資話を持ち掛けていたんです」

中には、お見合い後に響子とお付き合いに進展し、その後、「婚約した」と思い込んだ81歳の男性もいた。

「街カフェでの顔見知りだったその男性に、『響子さんとの結婚が決まって、400万円のダイヤの指輪も贈った』という話をされたんです。その頃、私はもう響子とは友人としての付き合いだったから、誰と結婚しようがかまわなかったけれど、81歳の男性が騙されているとしたら気の毒だと思い、響子にそのことを聞いた。すると、『指輪はもらったけれど、それはプレゼントで婚約指輪ではない』と言い張る。しかも、フタを開けたら、その男性は、数千万ものお金を響子の投資話につぎ込んでいたんですよ」

時を同じくして、岩下には気になることがあった。バイオマス発電所に投資し、1年目には20%の配当金があったものの、2年目から配当金がない。おかしいと思って調べたら、その投資話は偽物で、日本の有名な電機会社の判子は偽装されたもの、ファンド会社は幽霊会社だった。

騙されたと知っても、後の祭りだった。

次ページ恋愛関係をにおわせながらも、男女の関係にはならない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT