エリート社員がハマった最悪の不動産投資

美人営業の「疑似デート商法」には騙されるな

高額の不動産を買うとき「美人」や「イケメン」が出てきたら、気を付けたほうがいいかもしれない(写真:xiangtao / PIXTA)

「かぼちゃの馬車」事件などでスルガ銀行の不正融資が明るみに出たことで、サラリーマンの不動産投資に赤信号が灯っています。収益性の低い物件をつかまされ、多額のローンが支払えず自己破産を選ばざるをえない人もいるようです。

実はこうした不動産投資で失敗している人の中には、大手企業に勤める高年収のエリートサラリーマンも少なくありません。私のところにもそんな1人が相談に来られました。35歳会社員のA男さんは、数週間前に不動産投資の契約をし、セカンドオピニオンを求めて来ました。早速、契約した物件の詳細を見せてもらったところ、あまりにも収益性が低い物件だったので驚きました。そこで、じっくりお話を聞いてみることにしました。

まじめで誠実、信用力のある大手企業社員が危ない

A男さんは、誰もが知っている上場企業に勤める会社員です。パソコンが趣味のA男さんは、週末はよく東京・秋葉原の電気街を見て回っているそうです。まじめで誠実な人柄なのが、お話をしていると伝わってきます。

相談内容は、すでに数週間前「不動産投資をするために新築ワンルーム物件を契約したが、不動産投資に詳しいファイナンシャルプランナーから見て、物件が大丈夫なのかどうかを判断してもらいたい」、とのことでした。

早速、物件を拝見すると、その物件は新築の投資用マンションでした。都内は都内ですが、最寄り駅となるとやや郊外の部類に属し、駅からはさらに徒歩15分という立地です。やや広めの1DKですが価格は4500万円ということでした。販売する側の利益がかなり上乗せされた、決して手を出してはいけない物件だと一目でわかりました。

実際、A男さんが契約した物件と同じエリアにある同条件の新築物件価格を調べると、相場は2500万〜3000万円でした。

次ページ投資リテラシーがないとエリートもコロッとだまされる
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。