「投資信託はこの3本が良い」と言える理由

「グローバル=国際分散投資」とは限らない

初心者が投資信託を選ぶのは結構難しそうだが、「分散投資」や「手数料」の観点から選べば、意外に簡単に選べるかもしれない(写真:ふじよ/PIXTA)

私たちの事務所には、さまざまなおカネの相談が舞い込んできますが、どちらかというと、筆者のところには投資に関する相談が多くきます。最近は、iDeCo(イデコ)やつみたてNISAなどを検討している人も多いわけですが、この2つに共通する商品といえば、投資信託(投信)です。相談に来る人は投資初心者が多いので、現在販売されている約6000本の投信から「どれを選んだらよいのかわからない!」と迷ってしまうようです。

もし、投資で負ける可能性を減らして堅実に勝ちたいなら、キーワードは、やはり「低コスト」と「国際資産分散」です。その観点で商品を絞っていけば、選ぶべき投資信託はすぐに見つかります。

日本は低金利でも世界に投資なら年約4%のリターンも

投資で利益を得るための原則の一つは「安く買って、高く売る」ことです。しかし、言うは簡単ですが、実行するのは難しいものです。投資信託を選ぶ場合、例えば新興国と言ってもどこの地域なのか、あるいはどんな資産が一番発展・成長するかを見極めるのは、プロも含め100%ピタリと予測できる人はいないでしょう。

しかし、世界中で人間の生活が続く限り、世界のどこかの地域で発展は続き、世界全体としては豊かになっていきます。特定は難しいものの、世界全体の資産へ投資することに意味があります。IMF(国際通貨基金)によれば、2018年の世界全体の経済成長率の予想は年3.9%。すなわち、これはひらたくいえば、世界全体へ投資すれば、4%前後のリターンが得られる可能性があるということです。

資産運用の王道は「分散投資」と言われていますが、この分散投資の考え方は、値動きと上手に付き合い、損する回数を減らし、損する幅を抑え、堅実に利回りを稼ぐためには必要な手法です。つまり分散投資とは、「負けないための運用手法」なのです。

さまざまな「地域」や「資産」を組み合わせることが大切で、具体的には「日本だけ」でなく、先進国や新興国なども含めて国内外を対象とし、株式だけでなく債券や不動産を組み合わせると、より分散効果が高まります。

次ページ「グローバル」と名のつく投信なら、何でも良い?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。