「投資信託はこの3本が良い」と言える理由

「グローバル=国際分散投資」とは限らない

しかし、アメリカ重視ということは、それだけアメリカの影響を色濃く受けるということです。アメリカの政治や経済を大きく揺るがすような事態が発生したときには、値動きが大きくなる可能性があります。なので、もし世界全体に均等に投資をして、その可能性を回避したいのであれば、もう一度、よく中身を確認してみることが大切です。

世界全体の成長を得るなら、投資信託は「この3本」

そこで、今回は最後に、「世界全体の成長を得ながら勝つための投資信託」を3本選んでみました。

選ぶ基準は、(1)投資対象・地域が世界に分散されている、(2)運用コストが低い、(3)一定以上の成長をしているか、(4)純資産総額は一定規模以上(少ないと効率よく分散投資できないため)、(5)運用コストを控除した運用実績が堅調推移している(リスクに見合ったリターンが得られているか)などを判断して、選びました。最重要指標はもちろん「運用コスト」です。

●楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天投信投資顧問)
 ●eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)(三菱UFJ国際投信)
 ●セゾン資産形成の達人ファンド(セゾン投信)

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」は「全世界株式型」と呼ばれるインデックスファンドです。先進国の株式に加えて、新興国の株式にも投資しています。インデックスに用いられる指数は、「FTSE Global All Cap Index」です。 これは、日本を含む先進国・新興国合わせて47か国の大・中型・小型株 約7800銘柄の時価総額から算出される指標です。アメリカの割合は約50%あります。

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」の良さは、何と言っても信託報酬が年率0.2296%(税込)とかなり低いことです。これ一本で、低コストで全世界の株式に投資することができるのは魅力です。

次ページeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」の特徴は?
関連記事
トピックボードAD
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。