「嗅ぐ力」と「ダイエット・健康」の密接な関係

ピル服用中に付き合った相手とは別れる?

老いも若きも「嗅ぐ」という能力を、もっと有効に活用すべきだ(写真:Fast&Slow / PIXTA)
においを嗅ぐ能力(嗅覚)は、20代から衰えだし、中高年で急激に衰えていくことをご存じだろうか? 嗅覚は比較的地味な感覚で、その衰えは視覚や聴覚より見過ごされがちだが、近年の研究によると、においを嗅ぐ能力こそが、肉体や精神の「健康」や「アンチエイジング」に大きく影響すると判明してきているのだ。
自らが45歳のときに脳動脈瘤が見つかり、死を身近に感じる経験をした香りのプロ(調香師)が、「におい×健康」というテーマで多くの研究論文や資料にあたって執筆・上梓した書籍が『最新論文等から香りのプロが考案! 嗅ぎトレ 認知症・ガン予防やダイエットにも!“ながら”嗅ぎで、心と体のアンチエイジング』(KADOKAWA)だ。本稿では、その著者である荘司博行氏が、健康や若さを維持するために、体への負担がかかりにくく手軽な「においを嗅ぐ」健康法、名付けて「嗅ぎトレ」を紹介する。

人間、年を取ると「小さい文字が見えづらくなったなぁ」「うちの親、耳が少し遠くなったかもなぁ」など、視覚・聴覚の衰えには気づきやすいものです。では、「においを感じる力」、つまり嗅覚に関してはどうでしょう? 「最近、自分は(あるいは、うちの親は)嗅ぐ力が弱くなったかも」なんて気づく人がどれだけいるでしょうか?

「嗅ぐ力」に関しては、そもそも意識にのぼることがほとんどないため、仮に気づいたとしても、「そんなに気にしなくても害はないだろう」と思いがちです。しかし、この「嗅ぐ力」こそが、“あなたの健康寿命に関係する”と知ったら、今日からご自身や親御さんらの「嗅ぐ力」が気になりはしないでしょうか? あなたの若さを保つのにも、ダイエットを実現するのにも、記憶力を高めるのにも、「嗅ぐ力」が大いに役立つとしたら、どうでしょうか? まさか、と思う人のほうが多いでしょうね。

「嗅ぐ力」と死亡リスクとの関係性

「嗅ぐ力」と「認知症」との関係性に関しては、近年メディアでも取り上げられてきているので、気になっている人も少なくないでしょう。

でも、実は認知症だけではなく、「嗅ぐ力」が「死亡リスク」と関係していることを示す、ちょっと怖い研究結果もあります。

スウェーデンのストックホルム大学の教授(研究者の所属・職階等は原則、研究当時のものです。以下同)らが、40歳から90歳までの1774人(平均63.5歳)の被験者に嗅覚テストをおこない、その後、その人たちを10年間追跡した研究があります。追跡した10年間に、1774人のうちの411人(全体の23.2%)が亡くなったのですが、55歳を超えると明確に「嗅ぐ力」が衰えることがわかったうえ、わかるにおいが1つ減るごとに死亡リスクが8%増加していることがわかりました。そして、嗅覚に障害があると、死亡率が30%も増加するとわかったのです。嗅覚の低下と死亡リスクの関連性が、はっきり数値で表われたわけです。

次ページ嗅ぐ力が低スコアだった人の死亡率
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT