空前の「縄文ブーム」背後にある日本人の憂鬱

土偶や土器にときめく心理とは?

振り返って私たちの暮らしはどうだろう。つねに他者からの評価に晒されている。会社でもそう。日常生活でもそう。「いいね」を獲得するために心をすり減らし、疲弊している人があまりにも多い。

人の目を気にし、顔色をうかがい、自分本来の姿で今を生きているのかさえもわからなくなる。ストレスは日々増大し、心は緊張しっぱなし。それでもお金を得るために、すごいねと言ってもらうために、悩みながらも頑張り続けるしかない。

対して縄文人には生きることへの迷いがない。そんな悠長なことは言っていられない現実が目の前にあるのだ。とにかく懸命に日々を暮らすしかない。

たったそれだけのことなのに、今の私たちにはとても難しい。生きている実感が薄く、それを埋め合わせようと「いいね」を求める。これは、ある意味でのユートピアがもたらした弊害とも言える。

漫然とした日々を過ごす私たちから見ると

ところがホモ・サピエンスは誕生したときから、そんな生温い環境で生きてきていない。つねに想像を絶する厳しい環境の中で生きることと向き合い、拡大してきた。そのDNAを私たちは持っている。

だからだろうか。漫然とした日々を過ごす私たちから見ると、縄文人たちは何と力強く生きているのかと感動すら覚える。人間というのは、本来、こういう生き物だったはずだと。

縄文時代の遺物の中に新たな美を見いだし「縄文の発見者」といわれる岡本太郎。彼は縄文土器に触れたときの感動を著作の中でこう記述した。「たんに日本、そして民族にたいしてだけでなく、もっと根源的な、人間にたいする感動と信頼感(略)」(『日本の伝統』岡本太郎 光文社・知恵の森文庫)。

彼が感じたように、この夏、縄文時代の遺物を目にして、その存在に触れた多くの人の心が揺さぶられた。人間とは何なのか。生きるとはどういうことなのか。私たちが忘れてしまったモノが、縄文人の中にあるのかもしれないと、一種の希望を見いだそうとしているのかもしれない。

次回からはそんな彼らの暮らしをひもといてみたい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。