マニアが勧める、パワースポット「寺社」5選

正月に行きたい「仕事にご利益がある」寺社

ビジネスパーソンにお勧めの寺社はどこ?(イラスト:カワグチニラコ)
日本人は、近場や遠方を問わず、今まで何度となくお寺や神社を訪れているはずだ。宗教や信仰を常日頃は意識しないという人は多いが、日本に生まれれば、初詣や厄除け、お葬式など、節目にはほとんどの場合、寺社にお世話になる。日本人にとって「寺社」とは、自分のベクトルを定めるために欠かせない「ワンピース」なのかもしれない。
寺社をこよなく愛し、新刊『イラストでわかる 日本のお寺と神社』を著した日本の寺社研究会の2人に、特にビジネスパーソンに「ご利益がある」といわれる寺社を、イラストを使いながらわかりやすく解説していただいた。

あらゆる願いをかなえる、諸願成就のお寺

浅草寺(東京都台東区)

ご利益があるスポットとして、まずご紹介したいのは、東京台東区にある「浅草寺(せんそうじ)」。国内外から年間3000万人もの人々が訪れるといいます。浅草のシンボル・大提灯が掛かる雷門で風神雷神像に迎えられ、にぎやかな仲見世を通り抜ければ宝蔵門が現れます。この宝蔵門に並び立つのは仁王像。背面には全長4.5メートルもの大きさの、魔除けの大わらじが提げられています。

浅草寺(イラスト:カワグチニラコ)
次ページ商売繁盛、開運、縁結びなど
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。