NHKが本気で挑む「4K/8K」勝負番組の衝撃

12月から始まる番組をMIPCOM 2018で発表

ニュース番組でも最新映像の高精細、あるいは広いダイナミックレンジを生かした報道を行う(筆者撮影)

ニュース番組も、ウィークリーで30分ではあるが、BS4Kでの放送枠がある。取材用カメラでも4K記録し、災害地などの様子をより高い“現実感”で伝えるほか、従来のカメラでは写らなかった細かな情報(広報用クリップでは、拿捕した外国の船の積み荷を拡大し、日本製の船外機などが搭載されている……などの使い方がされていた)を拡大して、ハイビジョンとの差異化を図っていた。

このほか海外ロケの紀行もの、HDRを活用してスタジアムの雰囲気をより現実に近い映像で伝えるスポーツ中継も行われる。

前述したように、現在、NHKはすでに4Kでの撮影が主となっているため、4Kコンテンツそのものが多いが、あらゆるジャンルに関して層が厚く「密度の濃い」ものが多いが、そうした4Kの番組編成の中でも、実際の映像を観て“これは!”と納得させられた映像作品群がある。それは極めて質の高いフィルム作品の“レストア版”だ。

アナログ作品を最新技術で4Kに

レストア作品の放送は多岐にわたっており、海外ドラマ、NHKのオリジナル番組の両方で、フィルムネガからのスキャン、復元作業を経た作品が放映される。

海外ドラマは、現在わかっている範囲では、日本で特に人気の高かった『奥さまは魔女』は16ミリ、『刑事コロンボ』が35ミリネガフィルムからのスキャンと修復処理などにより、極めてよい画質で復活する。

映画祭も開催されるカンヌのシアターで両方のクリップを愉しんだが、ネガフィルムからのスキャンだけに、極めて情報量が多く、色彩情報も見事に再現されていた。大作と呼ばれる映画と同等の復元レベルである。

この両作品はハリウッドで復元処理が行われたものを買い付けて放送するが、編成局編成センターの笠井氏によると、NHKが所蔵するフィルム作品に関しては、特に1960年代にフィルム制作されていた番組アーカイブを、NHK自身が復元処理しながら放送を行っていくという。

高解像度スキャナーを用い、1コマ1コマを4Kにデジタル変換することで、膨大なアーカイブを高品位に現代に蘇らせることが可能となった。フィルムの検査・補修・洗浄や、スキャンした映像のグレーディング、修復は手作業で行い、以前ならわからなかった情報も映像に反映される。当時の放送と比較し、高性能なスキャナーでフィルム情報を読み取っているため、以前ならわからなかった情報も映像に反映される。

次ページこのツールで真っ先に取り組んだ番組は
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT