NHKが本気で挑む「4K/8K」勝負番組の衝撃

12月から始まる番組をMIPCOM 2018で発表

ニュース番組でも最新映像の高精細、あるいは広いダイナミックレンジを生かした報道を行う(筆者撮影)

ニュース番組も、ウィークリーで30分ではあるが、BS4Kでの放送枠がある。取材用カメラでも4K記録し、災害地などの様子をより高い“現実感”で伝えるほか、従来のカメラでは写らなかった細かな情報(広報用クリップでは、拿捕した外国の船の積み荷を拡大し、日本製の船外機などが搭載されている……などの使い方がされていた)を拡大して、ハイビジョンとの差異化を図っていた。

このほか海外ロケの紀行もの、HDRを活用してスタジアムの雰囲気をより現実に近い映像で伝えるスポーツ中継も行われる。

前述したように、現在、NHKはすでに4Kでの撮影が主となっているため、4Kコンテンツそのものが多いが、あらゆるジャンルに関して層が厚く「密度の濃い」ものが多いが、そうした4Kの番組編成の中でも、実際の映像を観て“これは!”と納得させられた映像作品群がある。それは極めて質の高いフィルム作品の“レストア版”だ。

アナログ作品を最新技術で4Kに

レストア作品の放送は多岐にわたっており、海外ドラマ、NHKのオリジナル番組の両方で、フィルムネガからのスキャン、復元作業を経た作品が放映される。

海外ドラマは、現在わかっている範囲では、日本で特に人気の高かった『奥さまは魔女』は16ミリ、『刑事コロンボ』が35ミリネガフィルムからのスキャンと修復処理などにより、極めてよい画質で復活する。

映画祭も開催されるカンヌのシアターで両方のクリップを愉しんだが、ネガフィルムからのスキャンだけに、極めて情報量が多く、色彩情報も見事に再現されていた。大作と呼ばれる映画と同等の復元レベルである。

この両作品はハリウッドで復元処理が行われたものを買い付けて放送するが、編成局編成センターの笠井氏によると、NHKが所蔵するフィルム作品に関しては、特に1960年代にフィルム制作されていた番組アーカイブを、NHK自身が復元処理しながら放送を行っていくという。

高解像度スキャナーを用い、1コマ1コマを4Kにデジタル変換することで、膨大なアーカイブを高品位に現代に蘇らせることが可能となった。フィルムの検査・補修・洗浄や、スキャンした映像のグレーディング、修復は手作業で行い、以前ならわからなかった情報も映像に反映される。当時の放送と比較し、高性能なスキャナーでフィルム情報を読み取っているため、以前ならわからなかった情報も映像に反映される。

次ページこのツールで真っ先に取り組んだ番組は
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。