NHKが本気で挑む「4K/8K」勝負番組の衝撃

12月から始まる番組をMIPCOM 2018で発表

BS4Kで放映される4K制作番組の一部(筆者撮影)

そのうえで、週末は4K画質を強く意識した特番を中心にした編成にする。特に土曜日はBS4Kでしか見ることができない、高精細映像を生かした自信のあるコンテンツを投入する。4K映画を放映する「4Kシアター」も土曜日夜9時からの枠を割り当てる。

4Kコンテンツの軸となるのは、定番の紀行ものや海外取材を含む自然科学などのファクチュアルコンテンツ、スクウェア・エニックスと共同制作するフルCGコンテンツ、それに過去の人気コンテンツのうち、フィルムネガで保管されているアーカイブコンテンツを最新技術で修復した映像、それに4Kでの放映を意識して制作するドラマなどだが、驚いたのはその映像の品質だ。

編成局展開戦略推進部チーフ・プロデューサーの金谷美加氏は「BS4Kは、NHKが取り組んでいる超高精細映像への入り口です。今後は4Kを基本画質として制作に取り組み、そのうえで特別な作品を週末に流すべく作品を作っていきます」と話した。

あらゆるジャンルに“密度の濃い”番組

定番の紀行ものは『フロム・ザ・スカイ~4K空紀行~』。ドローンを用いた空からの広角映像で、日本の名所を巡る。隅々まで細かな情報が詰まった映像はHDR制作だ。HDR映像は窓から風景を見るように高いリアリティを得られることが特徴だが、その圧倒的なリアリティは、これまでの放送にはなかったものだ。実際に空を飛んで景勝地を巡ったような気分になれる、4Kの高精細、HDRおよび広色域と深みが上手に生かされている。

スクウェア・エニックスの協力を得た『人類誕生』(英語タイトル:Out of the Cradle)は、ドキュメンタリーにCGを融合した作品。光学デバイスを通さないため、制作者がこだわって作り出した映像の質感がそのまま楽しめる。

ドラマは大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)〜』が100%、4Kのワークフローで制作される。これまでも4Kカメラは使われていたが、このドラマではセットやメイク、衣装などに至るまで4Kを意識したものだ。

次ページニュース番組も4K向けに特別編集
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。