NHKが本気で挑む「4K/8K」勝負番組の衝撃

12月から始まる番組をMIPCOM 2018で発表

メキシコの水中洞窟に初めて8Kカメラを入れた「神秘の水中鍾乳洞 セノーテ」(写真:NHK)

まるで海面の上でダイバーが空を飛んでいるかのように見える映像は巧妙なライティングによって、肉眼で感じられるように境目をハッキリと浮かび上がらせたうえで、8Kカメラによって初めてとらえることができたと、年間180本以上も水中撮影をしているNHKのカメラマン・松本恭幸氏は話す。

これ以外にも丁寧なライティングで美術品の風合いを完璧に8Kカメラでとらえた美術作品としてフランス政府と共同制作が進められてきた『ルーブル美術館 美の殿堂の400年』は、さらに多くの所蔵品の収録を進めて4回に分けて放映するほか、ベルサイユ宮殿やローマ・コロッセオに実際に旅行したかのような体験を得る“2時間でまわる”シリーズも制作している。

8Kになって変わることは?

年間180日以上の水中撮影をこなす松本カメラマン(筆者撮影)

また、来年3月にはカズオイシグロ原作の『浮世の画家』が、8K制作でドラマ化されるなど、新しいトライアルが目白押しだ。現地では「8Kになるとドラマ撮影時のシーンの切り取り方が変わるのでは」といった質問も出ていたが、どのぐらいの画角でドラマを愉しんでもらうのか。また、その際にどのように絵作りをすべきかも含め、今後、さまざまなトライアルを行っていくという。

カンヌでの8K作品の上映は、いずれも投射する機材の関係から4K/HDRでの視聴ではあったが、撮影と編集のプロセスが完全に8K化されていることもあり、最終的な視聴体験は4Kではあるものの、ほかの4K作品とは比べものにならないリアリティだった。

実際に8Kという解像度を用い、どんな映像を届けるかは「まだ模索中」というが、その可能性は4Kディスプレーでも充分に伝わる。

なお、すでにシャープが8Kチューナー内蔵テレビを発表済みだが、NHK本局のある代々木のスタジオパーク以外にも、全国のNHK、ふれあいホール、NHK放送博物館、NHK放送技術研究所などで8K映像を愉しめる場所を設置していく

NHKのデモコンテンツは、これまでも何度も見ているが、今回の一連の作品はそれらをはるかにしのぐものだった。

次ページテロップやナレーションを最小限に抑える
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。