NHKが本気で挑む「4K/8K」勝負番組の衝撃

12月から始まる番組をMIPCOM 2018で発表

金谷氏は「8K映像に関してはテロップやナレーションを最小限に抑え、脚本ではなく映像そのもので訴えかける番組作りを心がけている」と話しているが、今回、実用放送に向けた作品をグローバルで披露したことで、カット割りや画角の選び方について意見をもらいながら、今後も調整をしていくとした。

もっとも、まだ模索中とはいうが、実用放送開始に向けての本気映像は本格的な4K放送とともに“8Kで映像作品を作る未来”が到来することを示唆するに充分な、説得力のある映像だった。

”超高精細・生中継”イベントを開催

さて、このように着々と準備が進むNHKによる“本気の”超高精細放送への準備だが、その初日となる12月1日には、4K、8K、それぞれの解像度で生中継イベントが行われる。

4K生放送に関しては南極から、8K生中継はイタリア・ローマから行われる予定だ。

開局記念でBS4K向けに4Kの南極生中継が予定されている(筆者撮影)

8Kの生中継はBS4Kでもダウンコンバートして、BS4K向けの南極中継も8Kにアップコンバートして放映するなどの施策を考えているというが、まだ決定事項ではないとのこと。

民法の4K放送に関しては、まだその詳細が見えてきていないが、少なくともNHKが用意しているラインナップに関して言うならば、すでに普及が進んでいる4Kテレビ向けにチューナーをそろえたいと思えるほど充実したものになりそうだ。

【2018年10月21日23時00分追記】一部、事実と異なる表現があったため、記事初出時から内容を修正しております。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。