「お金のライザップ」は何を鍛える場所なのか

サイバーエージェント出身者が起業

現在、bookeeの無料体験を受けたいと申し込みをしている人たちは累計で1000人。ミレニアル世代の女性が7割を占め、結婚の直前、直後に受講しにくることが多いという。こうしたこともあり、2店舗目を表参道のWeWorkに構えて規模を拡大した。

3カ月のコンサルティング期間と、リバウンド防止のためのメンテナンス期間が1年。コンサルティング期間には担当コンサルタントによる10回の直接指導、保険・住宅に関する専門家による面談4回、毎日新しいカリキュラムが届けられる3カ月分のオンライン学習プログラムが含まれる。これらがセットになって29万8000円だ。

また1年のアフターサポートではLINEを通じた金融知識に関する相談に加え、お金に関する教養講座、あるいは個別面談を4回まで受けられるアフターフォローが行われる。

こうした教育カリキュラムに加え、毎日の支出をレシートの写真などでLINEを通じて提出してもらい、それを担当コンサルタントが支出カテゴリごとに集計し、次回の面談時にチャート化してみせて、カリキュラムの調整をしていく。顧客に寄り添った本当の意味でのカスタムメードプログラムへと寄せていく。

ライザップの基本プランと同じ価格設定

合計で29万8000円という価格設定は、ライザップの基本プランと同水準の価格だ。「bookeeではお客様ごと、たとえば”資産増加額”や、”1年後に無理なく家を買える財務バランスと準備資金を実現したい”といった具体的な目標を設定するため、投資に対する成果が見やすい。決して高い設定ではない」(児玉氏)。

ライザップでは6年間に10万人をトレーニングしたという数字があるが、同じように顧客を増やしていけるだろうか。

成長できるかどうかは、顧客からのニーズがあるか否かもあるが、トレーニングを担うコンサルタントの育成もカギになる。児玉氏によると、金融商品の開発や販売を行うのではなく、本来ならば知っているべき知識を教え、取るべき行動を取るための”コーチ”に近い能力が必要であり、ファイナンシャルアカデミーのカリキュラムをベースに、認定コンサルタントの育成も並行して行う予定だという。

「お金のパーソナルトレーニング」を根付かせるための道のりは始まったばかりだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT