やみくもな「分散投資」がかえって損する理由

ローリスクなのにハイリターン投資は可能か

普通の銀行や証券会社で言われるままに分散投資をすると、思わぬ大損になることも(写真:ふじよ/ PIXTA)

投資をする際、「卵を1つのカゴに盛るな」とよくいいます。なぜなら、1つのカゴに卵をたくさん盛り、そのカゴを落としてしまったら、ほとんどの卵がダメになってしまうからです。数ある卵をいくつかのカゴに分けて盛っておけば、1つのカゴを落としても損失は一部で済みます。投資においてこの言葉は、1つの商品に資金を集中させるのではなく「いろいろなものに分散する」ことを意味します。

はたして、これは本当に正しいのでしょうか。

「分散」とは、数多くの商品に投資することではない

投資信託を売る銀行や証券会社のセールスマンも、「分散投資をしましょう」とよく言いますが、本来の分散投資と彼らが意図する分散投資は、中身がまったく異なるのです。

私のところに運用の相談に来られる中橋アイ(仮名)さんは、なんと30種類以上の投資信託や外貨建ての債券などに「分散投資」をしていました。初めてお会いしたときに、中橋さんはこう言いました。「セールスマンに勧められると、つい買ってしまうんです。でもこうやって『分散投資』をしていれば安心ですよね」。

しかし、中橋さんには大きな問題があります。やみくもに「分散投資」をすると、逆に思わぬリスクを抱えることになるからです。実は、分散の方法にはルールがあるのです。

世の中には、「投資はハイリスク・ハイリターンなもの」と敬遠している人がたくさんいます。しかし、「ローリスク・ハイリターン」な投資法は、実際に存在するのです。

それには、適切なポートフォリオ(複数の資産の組み合わせ)を組む必要があります。この方法は、ノーベル経済学賞を受賞したハリー・マーコウィッツ氏の「現代ポートフォリオ理論」の基礎となった理論を用いることで可能になります。この理論は、機関投資家と呼ばれるプロの投資家にとって、基本中の基本の手法です。

次ページ「ローリスク・ハイリターン」のやり方とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT