松村邦洋50歳、「8カ月で30キロ減量」の舞台裏

いったい、どんなトレーニングを行ったのか

50歳で110キロから80キロへの減量に成功したタレントの松村邦洋さん。どのようなトレーニングを行っていたのだろうか(写真:ライザップ)

タレントの松村邦洋さんがライザップのトレーニングプログラムを受けることになったとニュースになったのは約1年前、2017年1月のことだ。

食いしん坊で多忙な超メタボの50歳。高校野球でキャッチャーをしていたという運動経験者だが、“痩せそうにない”キーワードだらけの松村さんが痩せるのか、本当にうまくいくのかと疑問視していた読者も多いのではないだろうか。

ライザップの減量トレーニングは1回50分、週2回で2カ月(16回)というプログラムが広く知られているため、4月も半ばを過ぎると“失敗したのではないか”“まだ太ったままの松村さんを見かけた”などといううわさがまことしやかにささやかれるようになった。

30キロの減量に成功、その後も体型を維持

しかし、9月13日に松村さんが110キロから80キロへ30キロの減量に成功した姿を見せ「こんなに幸せなことはない」と語り、その後も自主的なトレーニングを行いながら維持していることが知られると驚きの声が広がった。その姿は松村さんがデビューしてまだ間もない頃の、少しばかり太めの、しかし健康的な印象を与える体だった。

減量前・減量後のCMに度肝を抜かれた人も多かったのでは(写真:ライザップ)

実は松村さんは「発表のときのインパクトが強くなるように」という本人の配慮から、減量の経過が外見からわかりにくくなるよう、体の線が出にくいデザインの洋服をオーバーサイズで着ていたのだという。

また極端な肥満体からの減量では、外見の変化は徐々に加速するように変化する。つまり減量初期は、他人の目からは大きな変化が見えにくいという特徴がある。プロに徹して、減量が成功したのかどうか、なるべく情報が漏れないように行動したのだろう。

次ページ松村氏の減量への疑問
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT