会社で働いているのは「正社員」だけではない

増える「ギグ」をマネジメントするには?

より多様な雇用形態になることが予想され、人材マネジメントはさらに重要になってきます(写真:KY/PIXTA)  
現在でも企業は、多くの仕事や業務を社員以外の人に頼っていますが、今後はプロジェクトごとに違う専門家に仕事をお願いしたり、フリーランサーを雇ったりする機会がさらに増えそうです。そこで今回は、人材開発支援会社、コーナーストーンオンデマンドのブログから、こうした人材をどうマネジメントしたらいいのかを紹介します。

ギグが広がれば上司の役割も激変する

ロボットとはまったく関係ない、新たな働き方の波が到来しています。インターネットを通じて単発の仕事を受注する「ギグ・エコノミー」です。

この連載の一覧はこちら

近年、短期で仕事を請け負う「ギグ」はウーバー、タスクラビットといった企業からあらゆる業界に急速に浸透しつつあります。ある報告よると、労働力の50%以上が今後10年以内にフリーランスになるとされています。

そこまで劇的な数字になるかどうかはともかく、ギグ・エコノミーにより働き方が変わることは確かだと思います。特に、上司の役割が変わるでしょう。ギグ・エコノミーでは、正社員で構成される部門ではなく、多様で次々に入れ替わる人材プールをマネジメントする必要が出てきます。

デロイトの調査によると、より多様な雇用形態を管理する用意ができていると回答した人は16%にとどまりました。ギグ・ワーカーと正社員が混在する部門をうまく統率するため、上司はタスクマネジメント能力と人材マネジメント能力の両方をスキルアップする必要があります。

前職で管理職に就いていた10年ほど前、私は初めてギグ・エコノミー型のマネジメントにかかわりました。ある重要なプロジェクトを遂行するため、テクニカルライターを採用しました。強力な推薦もあり、彼女はすばらしい仕事をしてくれました。

次ページしかし、部下たちは不満を持っていた
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。