非正規・単身「40代女性」の言い表せない不安

必死に働いて、気がつけばアラフォーだった

非正規・単身のアラフォー女性の心の声に迫ります(写真:bee / PIXTA)

「今まで、一生懸命頑張ってきたわけですよ。就職も厳しくてようやく掴(つか)んだ仕事で、だんだん認められてきて。仕事でようやく『認められた』って思ったのが30過ぎ。結婚なんてまだまだ考える余裕なくて、突っ走ってきて……。じゃあ結婚しようかなって思ったら、『いや、もう40代の女性なんて枠ないですよ』って……」

この言葉は、拙著『非正規・単身・アラフォー女性「失われた世代」の絶望と希望』に登場する40代女性のものである。

都内某所の「時間無制限飲み放題」の店で、結婚相談所に登録する彼女は言った。それはもはや、「魂の叫び」そのものだった。そんな心からの叫びのような声を、多くのアラフォー女性から聞いた。

必死に働いて気がつけば、アラフォー

自分たちが社会に出る頃は就職氷河期で、それでもなんとか働いてきた。「35歳定年説」なんて言葉もある派遣の仕事も、率先して人の仕事を手伝ったりして契約更新のため頑張ってきた。結婚や出産なんて、考える余裕がそもそもなかった。アラサーのときにはリーマンショックがあって、とにかくクビを切られないよう必死だった。

そうして気がつけば、アラフォー。

「結婚してないのか」「子ども産んでないのか」なんて心ない言葉をぶつけられ、時に憐(あわ)れみの目で見られたりする。「結婚も出産もしていない人間は社会を支える義務を果たしていないから年金を減額すべき」なんて暴論を振りかざすオッサンまでいる。別に結婚しないって決めて生きてきたわけじゃない。仕事一筋のバリバリのキャリア女性を目指してきたわけでもない。かと言って、今のままでいいとは思えない。

どれもこれも、非正規、単身のアラフォー女性であれば他人事(ひとごと)とは思えない言葉ではないだろうか。

そんなアラフォー女性たちから、不安の言葉もたくさん聞いた。

30代になって以降、落ち続ける体力。ほとんどない貯金。これから来るだろう、親の介護問題。自らの老後、病気、そして孤独死。はたまた、このまま今の賃貸物件に住み続けることができるのか。取材した中には、がんになったことで派遣の仕事を切られた人もいた。

次ページ今のアラフォー世代は「受難の世代」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT