秋開始で勝ち抜く「就活準備」5つのポイント

去年の成功組は、これだけは意識していた

エントリーシートでは、(1)自己PR、(2)学生時代に力を入れて取り組んだこと、(3)志望動機の3大テーマは、必ず問われることになる。志望業界や企業が絞れていないなら、志望動機を書くことは難しいが、それ以外のテーマに関しては、説得力のある内容の文章が書けるように、意識して準備を進めてほしい。

エントリーシートは、中身が薄かったり、具体性がなかったり、説得力がなかったりすると、書類選考を通過することは難しい。自分で書いて「これで十分」と思ったとしても、他人が読むとまったく説得力がないことも珍しいことではない。書き上げたエントリーシートはほかの人に見せて、自分では気づかない問題点を指摘してもらい、徐々に完成度を高めていってほしい。

成功組はキャリアセンターを使い倒す

5. キャリアセンターを最大限に活用する

数多くの就活生と接していて気づいたことだが、就活をスムーズに進める学生には共通の特徴があるようだ。

それは「キャリアセンターをうまく活用すること」。就活は予想以上に孤独な活動である。面接が始まる時期になると、仲のいい友だちでもなかなかホントのことは言えない、というケースも珍しくない。自分の周りの学生は順調で、自分だけが取り残されていると感じるケースも少なくないだろう。

そんなときに心強い味方になるのが、キャリアセンターの職員だ。今の段階では、就職ガイダンスくらいしか接点がないかもしれないが、インターンシップで提出するエントリーシートや模擬面接はもちろんのこと、志望業界や企業をどのように絞り込んだらいいのかよくわからないというようなケースでも、的確なアドバイスがもらえるはずだ。

エントリーシートの提出締め切り直前など、面接の日程が決まってからキャリアセンターを頼るのもいいが、できれば今の時期からキャリアセンター職員と顔見知りになっておく。そして、自分に関する情報をある程度は理解してもらえている、という関係づくりをしておくといいだろう。

以上、秋から就活準備をスタートする人に向けて、意識してほしいポイントを紹介した。「先輩も苦労しなかったというし、そんなに焦らなくてもいいんじゃないの?」と考える人も多いに違いないが、納得のいく就活をするためにも、準備は早ければ早いほうがいい。特にまだ何も準備を始めていない人は、まずは一歩を踏み出すこと、具体的なアクションを起こすことを意識してほしい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT