「職場恋愛」が面倒な人と夢見る人の大きな差

企業が「野暮なルール」を課すのも致し方ない

小川:そういう面もあると思いますが、得することがあると同時に「どうせ美人だからその地位にいるんでしょ」というやっかみも大きい。女性からだけではなくて、男性からも持って生まれた「美」という才能への嫉妬を集めてしまうこともある。

TBSの宇垣美里アナウンサーが「私には私の地獄がある」と言って話題になりましたが、他人から見てイージーモードであっても本人から見た景色は違うわけで、「美人は人生イージーモード」だけが真実ではないですよね。

「美人」と「モテ」は無関係

:「美人はスーパーカー論」ですよね。スーパーカーはコントロールが難しくて、なかなか乗りこなせないし、事故も多い。ただしうまく乗りこなすと、ものすごいスピードが出る。

『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』(林伸次/幻冬舎)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

小川:そして美って相対的なものですよね。その人がどのような場所にいるか、どのコミュニティにいるかで美人かどうかの評価が変わってくる。私は20代前半のころ、料亭に芸者さんを呼ぶ花街で、着物姿でお酌をするバイトをしていたことがあります。そこでは世間一般で言われる美人ではなくても、お客さんからモテていたお姉さんもたくさんいたんですよね。

:確かに「美人」と「モテ」は関係ありませんよね。「美人インタビュー」でも「そんなにモテたくない」と彼女たちは言うんです。「好きでもない人に好きと言われても、面倒くさい」と。

小川:不特定多数にチヤホヤされなくても、好きな人に好かれればいいって人も多いはずだし、恋愛にそんなに興味がない人だってそこそこいる。「もっとモテたい、もっと愛されたい」というのは、広告代理店が作り出した概念にしかすぎないんじゃないかと思います。

(構成:アケミン/撮影:牧野智晃)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。