「仕返し」はチームワークに有効とは言えない

「フリーライダー」を更生させる戦略はある?

われわれ人間は、しっぺ返しをしたい気持ちを、完全に克服したのだろうか(写真:Ja'Crispy/iStock)

仕事にはチームワークが欠かせないが、チームワークには不公平感がつきものだ。われわれは、自分が一生懸命に協力しようとしているときに、力を合わせる振りだけで、実はただ乗りしている人(≒フリーライダー)を見ると無性に腹が立つ。ずるい人を罰したいと感じる。

記事(「恩返しを実行する人は気高い」といえるワケ)で、「恩返し」と「恩送り」を増やすことがいかに社会にとって重要であるか解説した。一方で、人間は「恩を返さない」ことも「恩を仇で返す」こともできる。これらの行為を防ぐことができなければ、「恩返し」も「恩送り」もフリーライダーに食い物にされてしまうだろう。

自然界における社会動物には、「恩には恩を(恩返し)、仇には仇を(しっぺ返し)」という、シンプルな返報ルールがよく見られる(参考記事:障害者への「合理的配慮」はなぜ必要なのか)。こういった単純な行動パターンは、単純互恵行動(simple reciprocal behavior)と呼ばれ、「猿まね行動」と訳されることもある。

ゲーム理論における「しっぺ返し戦略」

確かに恩返しとしっぺ返しは、どちらも「相手の猿まね」で行うことが可能で、恩に恩を返すこともできるし、恩を仇で返してきた相手には、次回、仇に仇を返すことができる。このような行動上の戦略は、ゲーム理論では「しっぺ返し戦略」と呼ばれる。

人類史に見られるしっぺ返し戦略の最も極端な例は、「目には目を……」の条文(ハンムラビ法典)だろう。ハンムラビ法典は完全な形で残る世界で2番目に古い法典だが、ひたすら「しっぺ返しのルール(報復律)」が書いてあるように私には見える。わが国でも、江戸時代には「仇討ち」が場合により認められていた。

今現在、このような報復律に基づくルールにはまずお目にかかれない。では、われわれ人間は、しっぺ返しをしたい気持ちを、完全に克服したのだろうか。

次ページしっぺ返しを崇拝する専門家もいる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。