「仕返し」はチームワークに有効とは言えない

「フリーライダー」を更生させる戦略はある?

われわれ人間は、しっぺ返しをしたい気持ちを、完全に克服したのだろうか(写真:Ja'Crispy/iStock)

仕事にはチームワークが欠かせないが、チームワークには不公平感がつきものだ。われわれは、自分が一生懸命に協力しようとしているときに、力を合わせる振りだけで、実はただ乗りしている人(≒フリーライダー)を見ると無性に腹が立つ。ずるい人を罰したいと感じる。

記事(「恩返しを実行する人は気高い」といえるワケ)で、「恩返し」と「恩送り」を増やすことがいかに社会にとって重要であるか解説した。一方で、人間は「恩を返さない」ことも「恩を仇で返す」こともできる。これらの行為を防ぐことができなければ、「恩返し」も「恩送り」もフリーライダーに食い物にされてしまうだろう。

自然界における社会動物には、「恩には恩を(恩返し)、仇には仇を(しっぺ返し)」という、シンプルな返報ルールがよく見られる(参考記事:障害者への「合理的配慮」はなぜ必要なのか)。こういった単純な行動パターンは、単純互恵行動(simple reciprocal behavior)と呼ばれ、「猿まね行動」と訳されることもある。

ゲーム理論における「しっぺ返し戦略」

確かに恩返しとしっぺ返しは、どちらも「相手の猿まね」で行うことが可能で、恩に恩を返すこともできるし、恩を仇で返してきた相手には、次回、仇に仇を返すことができる。このような行動上の戦略は、ゲーム理論では「しっぺ返し戦略」と呼ばれる。

人類史に見られるしっぺ返し戦略の最も極端な例は、「目には目を……」の条文(ハンムラビ法典)だろう。ハンムラビ法典は完全な形で残る世界で2番目に古い法典だが、ひたすら「しっぺ返しのルール(報復律)」が書いてあるように私には見える。わが国でも、江戸時代には「仇討ち」が場合により認められていた。

今現在、このような報復律に基づくルールにはまずお目にかかれない。では、われわれ人間は、しっぺ返しをしたい気持ちを、完全に克服したのだろうか。

次ページしっぺ返しを崇拝する専門家もいる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT