「ヤツは使えない」に込められたヤバい嫉妬心

足を引っ張る人を寄せ付けない3つの方法

相手の不安心理を思いやることなく親切にしたりすると…(わたなべ りょう / PIXTA)
「出る杭は打たれる」などと言われるように、横並び志向の強い日本の社会では、自分を際立たせないように気をつけないと、思いがけないところで足をすくわれることになりかねない。そんな難しい社会を生き抜くためのヒントを、心理学博士で『他人を引きずりおろすのに必死な人』の著者でもある榎本博明氏が解説する。

意外な人が、あなたの足を引っ張る理由

外資系企業に中途入社したAさん(30代、男性)。転職したばかりで右も左もわからないときに、面倒見のよい同僚に助けられた。

会社は「年齢は関係ない、実績がすべて」といった社風で、Aさんは入社1年目から成果を出し、年収もグンと上がった。

すると、その同僚の態度が一変した。Aさんがいかにえげつない仕事の仕方をしているかを、周囲に触れ回ったのだ。あんなに親切にしてくれていたのにと思うと、恐ろしさすら感じたという。

上司に執拗にケチをつけられる人もいる。Bさん(30代、男性)もそのひとり。手際よく仕事の段取りを整えていると、「周りへの配慮なく勝手に進めている」と言いがかりをつけられたのだ。あげくに、「あいつは使えない。仕事は速いんだが、雑すぎる」などと評判を落とすようなことを言いふらされた。

その上司は、パッとしない部下を可愛がったりする。「しようもないヤツだな」などと言いながらも、やたらと好意的で面倒見がいい。Bさんはあまりの対応の差に愕然としている。

足を引っ張るのは同僚や上司だけとは限らない。仲のよい友だちに、足を引っ張られるケースもある。

次ページ仲のよい同性の同僚に気をつけろ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT