「ヤツは使えない」に込められたヤバい嫉妬心

足を引っ張る人を寄せ付けない3つの方法

相手がそれほど親しくない職場の同僚や先輩・後輩の場合は、安易に同情して声をかけるようなことは慎みたい。思ってもみない反撃にさらされる可能性もあるからだ。

3)パッとしない上司にはホウレンソウ

上司へのホウレンソウは難しいものだ。日頃から「自分で考えて動け」と言われるとつい遠慮してしまう。上司が忙しそうであればなおさらだ。だが、ホウレンソウを遠慮していると、思わぬ誤解を受けることがある。

「あいつはオレのことをバカにしてるのか?」

と上司が言っていたといううわさが耳に入ってきて、慌てたという人がいる。「彼は相談もなく勝手にことを進めるから困る」と言われているのを知って愕然としたという人もいる。

問題は、遠慮したことにある。その証拠に、上司の忙しさを配慮せずに、こまめに報告や相談に行く部下は、迷惑がられるどころか、むしろ可愛がられていたりする。どうしてなのか。

実は上司の心のケア、という面も

書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

ここで大切なのが、上司の不安心理に目を向けることだ。上司はみんな部下から信頼されているのかが気になるものだ。部下たちから頼りない上司だと思われているかもしれないといった不安を抱えている。

一方、部下から相談されたり、こまめに報告を受けたりすると、「自分は尊重されてるんだ」と、自分の存在価値を実感することができる。

つまり、ホウレンソウは、報告や相談がないと仕事を進めるうえで困るというような実務的な意味だけではなく、じつは上司の心のケアといった心理的な意味ももつのである。

無視された、軽んじられていると思うと防衛本能から攻撃に出る。だから、いちいち報告しなくてもいいかと思うようなときも、とりあえず報告しておく。たいした内容でなくても、報告することに意味がある。そう思って、とにかくこまめにホウレンソウに励むことだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT