「職場いじめ」は"自信がない人"がやっている いじめに遭っても過剰に気にしてはいけない

✎ 1〜 ✎ 48 ✎ 49 ✎ 50 ✎ 最新
拡大
縮小
職場で嫌がらせを受けています……(写真:tooru sasaki / PIXTA)
いい大学に入り、いい会社に入っても、一生安泰の保証はない。これからの時代は、社会に出た後にどんな努力をするかで将来が決まる。この連載では、「学歴なし、コネなし、カネなし」で世の中を渡り歩いてきた安井元康・経営共創基盤(IGPI)プリンシパルが、悩めるビジネスパーソンからのキャリア相談に、本当に役立つ実践的なアドバイスをしていく。
→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

前回のQ&A 海外留学するならば留年すべきなのか

前々回のQ&A 入社してすぐに転職を考えてはいけないの?

【キャリア相談 Vol.48】職場になじめません
職場内でのいじめや嫌がらせは、なぜ起きるのでしょうか。また、それらに対し、どう対応したらよいのでしょうか。私は群れることが苦手なため、それが理由であると思うものの、なじめません。
介護職 M.K.

嫌がらせをする人の心理

あらら、職場で嫌がらせですか。これはなんとも困ったちゃんというか、大人になりきれていない人がいるものですね。ただ、確かにそういった話をよく聞きます。いじめられるほうにとっては、不愉快極まりないと思います。

嫌がらせをする人にとって、その理由にはいくつかのパターンがあると思います。そんなことをする人のことを考えるのも時間の無駄ですが、要は自分に自信がない人がいじめをするのです。

次ページ立場や年齢が上ならば偉い?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT