「職場いじめ」は"自信がない人"がやっている

いじめに遭っても過剰に気にしてはいけない

職場で嫌がらせを受けています……(写真:tooru sasaki / PIXTA)
いい大学に入り、いい会社に入っても、一生安泰の保証はない。これからの時代は、社会に出た後にどんな努力をするかで将来が決まる。この連載では、「学歴なし、コネなし、カネなし」で世の中を渡り歩いてきた安井元康・経営共創基盤(IGPI)プリンシパルが、悩めるビジネスパーソンからのキャリア相談に、本当に役立つ実践的なアドバイスをしていく。
→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

前回のQ&A 海外留学するならば留年すべきなのか

前々回のQ&A 入社してすぐに転職を考えてはいけないの?

【キャリア相談 Vol.48】職場になじめません
職場内でのいじめや嫌がらせは、なぜ起きるのでしょうか。また、それらに対し、どう対応したらよいのでしょうか。私は群れることが苦手なため、それが理由であると思うものの、なじめません。
介護職 M.K.

嫌がらせをする人の心理

あらら、職場で嫌がらせですか。これはなんとも困ったちゃんというか、大人になりきれていない人がいるものですね。ただ、確かにそういった話をよく聞きます。いじめられるほうにとっては、不愉快極まりないと思います。

嫌がらせをする人にとって、その理由にはいくつかのパターンがあると思います。そんなことをする人のことを考えるのも時間の無駄ですが、要は自分に自信がない人がいじめをするのです。

次ページ立場や年齢が上ならば偉い?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。