日本と北朝鮮「大学生14人」の交流に見た現実

平壌に約1週間滞在した堀潤氏がリポート

:イメージというのは危険ですね。ベテランの通訳の方がこんな話をしていたのが忘れられません。「私たちの世代の問題である、核の問題や拉致の問題を解決したいと思う。自分にも娘がいる。後輩や学生たちがいる。彼らの望む未来を実現できるように、今解決したい。関係を発展させていきたい。今のように膠着状態でずっといたら、何にも前進できない」と。私たちの世代も責任を背負っているというのを感じました。前進のための言葉を投げかけていかなければいけませんね。

メディア人として、平壌に入るメディアと入らないメディアがあります。「向こうの手の平の上に乗っかってそれを伝える必要はない」と記者を入らせないメディアがある一方で、TBSや共同通信のように訪朝に同行するメディアもあります。受け取る皆さんそれぞれで考えて判断することではあるけれど、情報を提供する側としてはアプローチし続けること、伝えつづけることが大事だと考えています。

僕らの仕事は淡々とファクトを集めてくることです。今回は、すごく大きなホールケーキの、ほんのワンピースを舐めただけ。僕もまだ一部しか知りません。何回も足を運んで、「北朝鮮」という大きな主語でなく、小さな主語で一つひとつ集めていきたいと思っています。社会を変えるのはジャーナリズムではなく、有権者一人ひとり。それができるのが民主主義です。その情報素材を提供したい。これまでは、イメージでしか語れないのが申し訳なく思っていました。今回は、取材でなく訪問という形でしたが、貴重な経験をありがとうございました。

宮西:日本の学生たちも、今まさに悩んで考えを整理しているところだと思います。自分が見たものを、信頼している友人、自分を信じてくれる人に話しをして、考えていく。私たちはこれまで細い糸でつながってきましたが、それを続けて広げていき、お互いに理解してお互いを想像して、わたしたちの地域の平和をつくっていければと思います。

「北朝鮮」という大きな主語でなく、小さな主語で一つひとつ集めていきたい(写真:日本国際ボランティアセンター(JVC))
GARDEN Journalismの関連記事
【児童労働根絶】児童労働1億6千万人以上 現場を知ってほしい
【国際人道支援】封鎖が続くパレスチナ・ガザ地区でただひたすらに支援を続ける日本人
【社会課題解決支援】余命2ヶ月と宣告されたデザイナーと、仲間たちがつくる未来 リディラバが新たなメディアを立ち上げへ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT