日本と北朝鮮「大学生14人」の交流に見た現実

平壌に約1週間滞在した堀潤氏がリポート

ほかにも、ヨーロッパなどからの輸入物のピアノが入ってこなくなり、国産のピアノが最近ようやく手に入るようになったのでホッとしているという話などもありました。制裁への生活の影響を聞く平壌で暮らす人たちも私たちと同じ生活者なんだということが実感されます。

人と人との関係から、国と国との関係に

:いよいよ日本の学生と平壌の学生たちが対面し、交流をスタートさせます。 場所は平壌外国語大学のキャンパスです。グラウンドでは学生たちが休憩時間にサッカーをして体を動かしていました。キャンパス内にはイタリアや中国など外国から平壌に学びにきた留学生の寮などもありました。

平壌外国語大学のグラウンドで休憩時間にサッカーをしている学生たち(写真:日本国際ボランティアセンター(JVC))

まずは日本語を学ぶ平壌外国語大学附属の外国語学院の学生たち(14~17歳)の教室を訪ねました。10人ほどの学生たちがヘッドフォンをして日本語教師の指導を受けていました。日本語学科はかつては学部でしたが、今は学生の数が減って学科になりました。特にこの15年、日朝関係は冷え込むばかりで学んでも将来の仕事に生かせないと、学生たちにとっても不人気な言語になったと言います。人気は中国語と英語。しかし、それでも日本語を学びたいという学生たちの存在は貴重です。外交交渉では彼らが外交官や通訳などとして活躍することが想定されるからです。

日本の学生たちが教室の前に立って、彼らに話しかけます。

――どうですか、僕の日本語?

(朝鮮の学生たち)「正しいです」

――日本語の勉強を始めてどれくらいですか?

(朝鮮の学生たち)「2年です」

(日本の学生たち)「言っていることもわかっているしすごいですね」

――皆さんは将来何になりたいですか?

(朝鮮の学生)「私は将来軍隊になりたい(注:入りたい)です」

――どうして日本語を勉強するんですか?

(朝鮮の学生)「僕のお父さんが元々日本語を専攻していたからです」

――日本語の漢字は難しかったですか?

(朝鮮の学生たち)「はい」

――漢字、カタカナ、ひらがなどれが難しかったですか?

(朝鮮の学生たち)「漢字です」

次ページいきなりシビアな答えが返ってきた
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT