160億円物件も!最新「香港高級住宅事情」

富裕層向け住宅の平均単価は「東京の2倍」

香港では1997年の返還時から不動産価格は2.2倍にもなっている(写真:HILLS LIFE)
ニューヨーク、ロンドンとともに、世界の高級住宅マーケットにおけるプライスリーダーの一つである香港。中国マネーの流入により進化し続ける香港の住宅事情を、駐在経験もある元森ビル住宅事業部担当者が考察します。

返還後も今もなお中国本土とは制度が異なる香港

――まずは香港の不動産マーケットの特徴について教えてください。

真田 香港がイギリスから中国に返還されたのは1997年ですが、当時の香港の人口は約650万人でした。それが今や約750万人。約20年で100万人(15%)ほど増えました。主な原因は中国本土からの移住者です。

当記事は「HILLS LIFE DAILY」(運営:コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

香港の不動産マーケットを見るには、つねに中国との関係を考えなければなりません。深圳と香港の間にある越境ボーダーのゲートをどれだけ開けるか、香港は本土からの移住者を巧みにコントロールしています。同じ中国にはなりましたが、一国二制度と言われるように中国本土と香港では今もなお様々な制度が異なります。

そもそも中国元と香港ドルは異なる通貨で、香港ドルはドル・ペッグ制というシステムを用いており、アメリカドルに連動しています。そのため、香港は中国元で稼いだ資産を異なる通貨ベースの、より安全な資産に変える場所でもあります。その一つが株や証券と共に上昇し続ける不動産という形です。

――返還時から不動産価格はどれぐらい引き上がったのでしょう?

真田 2.2倍になりました。不動産は価格が上昇しピークを過ぎると、通常は一旦下がりますが、香港では踊り場を経てまた上がっています。富裕層向けのハイエンドな物件の価格は20年間にわたって上昇し続けています。

次ページ香港経済は不動産ビジネスで成り立っている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。