160億円物件も!最新「香港高級住宅事情」

富裕層向け住宅の平均単価は「東京の2倍」

香港経済はある意味不動産ビジネスで成り立っている部分が大きいので、不動産価値を下落させられないというのもあると思います。世界の高額不動産マーケットを形成するニューヨーク、ロンドン、シンガポールも含めた都市のなかで、最も総取引額が高いのが香港です。取引量ではロンドンがトップで、個別の住宅で最も高い値がついているものがニューヨーク。

不動産開発は香港全土の4割に限定されている

近年香港で一番高い物件は約160億円です。大雑把に、香港の富裕層向け住宅の平均単価は東京の2倍と言っても過言ではないでしょう。投資目的の購入が主で、購入者は中国本土とアジアの人々が多いですね。

――富裕層向けの住宅が集まるエリアとは?

真田 香港島のセントラル地区とビクトリア・ピークの間にある「ミッドレベル」という中腹エリアです。イギリス統治時代の高級住宅街で、ビクトリア湾の眺めが良い。香港では不動産開発が香港全土の4割に限定されていて、残りの6割は緑地保存しなければならないんです。そのため、山を簡単に宅地には出来ず、昔お屋敷だったところを10数層のマンションにする、あるいは小邸宅が集まっている土地をまとめて高層ビルにする、そういったことしかできない。

市街地は土地・建築の権利が細分化かつ錯綜しているので、街中の再開発は至難の技です。逆に緑と接している敷地は、権利が一個人あるいは一社のところが多く、そうした敷地を再開発することが多い。

――香港で最も高い住宅はどういうものですか?

2016年に竣工した「マウント・ニコルソン」。タワー棟の最上階にある2つの住居を1つにしたものが、現在の香港での最高額の物件となる(写真:HILLS LIFE)

真田 現時点での最高額は、2016年に竣工した「マウントニコルソン」というミッドレベルにあるものです。

小宅地が集まっていたエリアをワーフという香港の財閥系デベロッパーが買い上げ、去年竣工しました。建築はロバート・スターン、インテリアはヤブ・ブッシェルバーグ含む世界的に著名な4人のデザイナーで、彼らはニューヨーク他でも高級物件を数多く手がけています。2棟のタワーと20戸の戸建てからなっています。

タワー最上階にある2つのユニット各400平米を1つにまとめたものに約160億円の値がつきました。オーナーは華僑の方だそうです。

次ページ2番目に高いのが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。