人脈を作る近道は「名刺を正しく捨てる」こと?

【特別対談】岩崎夏海×太田彩子(2)

僕は秋元さんがいたからダメだった

岩崎:あと、これも多くの人が勘違いしているのですが、偉い人とつながっていればいいってものでもないんですよ。僕は秋元さんと長らく深い関係でしたが、秋元さんがいたからだめだった、とも言えるのです。

太田:えっ!?

岩崎:秋元さんの下にいると安心しきってしまう。だからその立場にとどまってしまうのだと気づいたのです。それで僕は、秋元さんという人脈を捨てたのです。世間から見れば、秋元さんの弟子だということでうらやましがられるけど、秋元さんと関係が切れなければ、僕のその後の展開はなかった。『もしドラ』も書いていなかったでしょう。

太田:「捨てる」ってネガティブワードとして受け取られがちですけど、要は正しい判断の末に「選ぶ」ということじゃないですか。果断(かだん)と一緒ですよね。良質な果物を生かすために、いらない実をどんどん取り除いていくから、木が丈夫になって、結果的に芳醇な実が育っていく。

岩崎:僕、それを仕組み化したらいいなと思っているんですよ。あえて本棚を1個にしてしまうのです。いっぱいになったら、もう本が入らないじゃないですか、その後は1冊買ってくるごとにドラフト会議をする。新しい1冊を入れるためには、何かを1冊捨てなければならない。

太田:本箱を定員制にするんですね。

岩崎:これをやると、自分にとっていらない情報は何なのかがわかりますからね。これ、名刺でもやったほうがいいです。名刺フォルダを1冊に限定して、1年に1回ドラフト会議を開催する。新しく知り合った有望な新人が入ってきたら、その分、いらない人を捨てていく。

太田:リストラだ(笑)。

岩崎:新しい関係からより、いらなくなった関係からのほうが、自分が見えてきやすいですからね。ぜひやってみてください。

(構成:稲田豊史/収録場所:天狼院書店/11月27日更新の第3回に続く)

部屋を活かせば人生が変わる』■部屋を考える会・著 ■夜間飛行・刊/税込1680円
なぜ部屋を整えると、眠っていた能力が引き出されるのか。人生が輝くのか。『もしドラ』著者にして、“ハックルさん”こと岩崎夏海氏が代表を務める部屋を考える会が、家具配置の間取り図とともに、わかりやすく解説する。

 

毎回こちらのコラムで職場における男女のコミュニケーションの円滑化についてお話いただいている太田さんが、東洋経済セミナーとコラボして開催している、「顧客思考」養成講座。
第3回のテーマは「『プラスアルファの営業力』で顧客伝説を創る!~オンリーワンな存在になるための『スキマ』活用術~」です。事例紹介とともに皆さまの日々の営業活動のヒントをご提供致します。
申し込みの詳細はこちらから。ぜひご参加いただければと思います。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。