なぜアップル、MSの新製品はこんなに違う?

新OS、新ハードからみえる両社の立ち位置

インテル製プロセッサを搭載し、よりPCに近い位置付けのSurface Pro2も、バッテリ持続時間が30%以上改善しており、パフォーマンスの向上とともに魅力的な選択肢になっている。

画像を拡大
Surface2の完成度は高まっている

このようにSurfaceシリーズは大幅な改善とともに実用性が上がり、Windows 8.1Windows 8で積み残していた問題をかなりの数、解決したことで普及への道筋が見え始めているようには思う。

来年春にはWindows XPのサポートが終了し、企業ユーザーを中心にWindows 8.1への移行も望めるだろう。

Surface2は「PCを持ち歩く気はしないが、タブレットならいいかも」と思っていたのに、やっぱりタブレットでは全ての問題を解決できない、とのジレンマを抱えるユーザーに向いている。SurfaceにはiPadほど多くのアプリはなく、多数のサードベンダーが作るアクセサリもない。Windowsという名称だが、これまでのWindows用デスクトップアプリは一切動作しない(もっとも、これは他のタブレットも同じだが)。市場シェアはまだわずかで、世の中をリードするようなクラウド型サービスが、真っ先にSurfaceStoreアプリを出すこともない。

マイクロソフトのコンセプトを享受できる

しかし、それでもiPadとノートPCの間で移ろいながら、結局、どちらがいいか、腹を決めかねていた方には、Surface2はピッタリの製品だ。従来機にあったパフォーマンス不足やWindows 8の機能がこなれていなかったことによる使いにくいさが改善され、本来、マイクロソフトが目指しているコンセプトをストレートに享受できる。

機能面を見ても、これまでに企業向けに積み重ねてきたWindowsの改良は、Windows 8.1ベースのPCでも、またSurface2のようなARM搭載タブレットでも生かされている。

まずは企業向け市場におけるPC用基本ソフトで、しっかりと足場を固め、スマートデバイスに足下をすくわれないようにする--。課題は多いが、しかし足場とする場所が決まってくれば、次のステップとして反撃の手も見えてくることだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。