なぜアップル、MSの新製品はこんなに違う?

新OS、新ハードからみえる両社の立ち位置

インテル製プロセッサを搭載し、よりPCに近い位置付けのSurface Pro2も、バッテリ持続時間が30%以上改善しており、パフォーマンスの向上とともに魅力的な選択肢になっている。

画像を拡大
Surface2の完成度は高まっている

このようにSurfaceシリーズは大幅な改善とともに実用性が上がり、Windows 8.1Windows 8で積み残していた問題をかなりの数、解決したことで普及への道筋が見え始めているようには思う。

来年春にはWindows XPのサポートが終了し、企業ユーザーを中心にWindows 8.1への移行も望めるだろう。

Surface2は「PCを持ち歩く気はしないが、タブレットならいいかも」と思っていたのに、やっぱりタブレットでは全ての問題を解決できない、とのジレンマを抱えるユーザーに向いている。SurfaceにはiPadほど多くのアプリはなく、多数のサードベンダーが作るアクセサリもない。Windowsという名称だが、これまでのWindows用デスクトップアプリは一切動作しない(もっとも、これは他のタブレットも同じだが)。市場シェアはまだわずかで、世の中をリードするようなクラウド型サービスが、真っ先にSurfaceStoreアプリを出すこともない。

マイクロソフトのコンセプトを享受できる

しかし、それでもiPadとノートPCの間で移ろいながら、結局、どちらがいいか、腹を決めかねていた方には、Surface2はピッタリの製品だ。従来機にあったパフォーマンス不足やWindows 8の機能がこなれていなかったことによる使いにくいさが改善され、本来、マイクロソフトが目指しているコンセプトをストレートに享受できる。

機能面を見ても、これまでに企業向けに積み重ねてきたWindowsの改良は、Windows 8.1ベースのPCでも、またSurface2のようなARM搭載タブレットでも生かされている。

まずは企業向け市場におけるPC用基本ソフトで、しっかりと足場を固め、スマートデバイスに足下をすくわれないようにする--。課題は多いが、しかし足場とする場所が決まってくれば、次のステップとして反撃の手も見えてくることだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。