なぜアップル、MSの新製品はこんなに違う?

新OS、新ハードからみえる両社の立ち位置

以上、縷々説明してきたアップルの戦略をまとめてみよう。まずiPhoneiPadは市場における立ち位置が明確で、対応アプリや連動するサービスなどを含めたエコシステムがうまく回っている。そのため、MacについてはPCの得意分野に絞り込もうとしている。さらにクラウドを中心とした情報活用を前提とした設計を新しいマーヴェリクスに施し、それを素早く普及させることで世の中で使われているMacを「クラウド中心主義」のPCへと変えようとしている。

ハードウェアメーカーであることを強みとし、基本ソフトを原則無料で配布できることが、今のクラウド時代に必要不可欠というのが、アップルの考えであろう。

Windowsの支配力は変化

次にマイクロソフトを見ていこう。マイクロソフトは新しいWindowsと、Surfaceによってどんな近未来を描こうとしているのか。

Windows8.1のパッケージ

まずWindows 8.1。昨年リリースしたWindows8の欠点を修正し、得意とするPCの世界とスマートデバイスの世界を近づけることに成功したように感じられる。Surfaceシリーズのコンセプトも明快になってきた。Surfaceシリーズは、マイクロソフトが「PCの世界」を「タブレットの世界」へと拡張しようと目論んだWindows 8と共に、約1年前に投入された、同社初の自社ブランドのPCである。

初代のSurfaceは出だしこそ好調だったものの、大きなムーブメントを作るまでには至っていない。同社の決算では、積み上がったSurfaceの在庫を減損処理したことも話題になった。しかし、彼らはSurfaceを続けねばならず、むしろ投資を上積みしていかねばならない。

なぜなら、Windows 8.xが描こうとする世界は、「現時点のWindowsPCユーザーの使い方」とは異なるところにあるからだ。たとえばWindows 7に慣れているノートPCユーザーに、タッチパネルの良さを力説しても、なかなかそこにアドオンの魅力を感じてもらうことは難しい。

次ページタッチパネルのよさを生かす
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。